[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


みる  投稿者: 事務方 投稿日:2021/09/02(Thu) 20:50 No.2099


観る

違った世界が広がる

知らなかったことを知る努力、知った時のワクワクする思い

いくつになっても心は衰えない



気配  投稿者: 事務方 投稿日:2021/09/01(Wed) 18:19 No.2098


稲が実り、空に秋の気配を感じる

空気感、肌にふれる風から感じる気配

同じ漢字に「り」をつけると気配り

どちらも心の動き・・・

秋は物思う季節、9月のはじめに柔らかな、和やかな心持ちで過ごし

たいと思う一日
[管理者修正]



備えあれば憂いなし  投稿者: 役員 投稿日:2021/08/31(Tue) 21:01 No.2097


明日は、防災の日です。
「備えあれば憂いなし」。よく防災のことになるとよく耳にする言葉ですが、防災に関わらずすべてことに対して前もって準備しておくことは、心に余裕を持つことができ、選択肢を増やすことになります。

常に心に余裕を持てるよう過ごせれたらと思います。


少しずつ秋の気候へと変わっていく頃、体調を崩しやすくなるかと思います。くれぐれも体調管理にお気を付けください。
[管理者修正]



  投稿者: 事務方 投稿日:2021/08/30(Mon) 15:54 No.2096


木陰に入り、空を仰ぐ

青空に白い雲、百日紅の鮮やかな色合いが美しい

木陰に届く風の心地よさは格別

暑さも風が癒してくれる

水分とミネラル、塩分補給をご一緒に。

梅干し、スイカ、塩をふったきゅうりにトマトもいいですね

夏が戻ってきたような残暑です

夜の熱中症にもご注意を。
[管理者修正]



心構え  投稿者: 事務方 投稿日:2021/08/29(Sun) 13:39 No.2095


まもなく9月を迎えます

9月1日は防災の日(昭和35年9月1日制定)

その制定は大正12年、1923年9月1日に関東大震災が発生
加えて暦の上で立春から210日目にあたる9月は特に台風が発生しやすい頃ということから日にちが決められたようです。

関東大震災以降、近代では阪神大震災その後も日本各地で大震災が発生し津波、豪雨、自然災害を経験し、また目の当たりにしてきました。
防災について、和慧さんの縁側ブログの記事に折々にありますように住職の意識は今日まで変わることも途切れる事もなく、そして思いは一貫して有縁、無縁の方になにかお役に立てることがあればという事

もし、これらの防災品を使うことなく、遷化なされたとしてもその後にそれらがどなたかの役に立ち、諍いなく命が救われればとも、語られています。

30年を超えるお不動様、ご住職とのご縁の中で昨今は特にその緊張感が高まっているように感じています

ぜひ、縁側ブログ記事をご参考に心構えと共に備えをなさり身の安全を第一になさることを願ってやみません。
特に新型コロナウイルス感染対策を鑑みての防災の智恵を知り、実践し生ききりましょう

岐阜は最高気温37度、熱中症厳重警戒です。
こんな日は冷凍してある2gペットボトルをタオルにくるんで、輪ゴムで止めたら、スーパー袋に入れて傍に置けば冷気が届きクーラーの効きがアップ。停電の時は氷柱がわりに身の傍に。融ければ水として飲むことができる。

そして先日、求めた備蓄食料とペットボトル水の賞味期限をチェック、あとは乾電池、マスク、手指消毒用をチェック。
備えをする安心感、いざという時のシミュレーションをしながら。
  いずれも縁側ブログよりお知恵拝借

防災の日について、制定された昭和35年9月1日の官報には制定の主旨が以下の通り、掲載されました。

『政府、地方公共団体など関係諸機関はもとより、広く国民の一人一人が台風、高潮、津波、地震などの災害について、認識を深め、これに対処する心がまえを準備しようというのが、『防災の日』創設のねらいである。もちろん、災害に対しては、常日ごろから注意を怠らず、万全の準備を整えていなければならないのであるが、災害の発生を未然に防止し、あるいは被害を最小限に止めるには、どうすればよいかということを、みんなが各人の持場で、家庭で、職場で考え、そのための活動をする日を作ろうということで、毎年9月1日を『防災の日』とすることになったのである』

心構え、行動は自ら。
そのうえで神仏のご加護を頂戴できますように。
[管理者修正]



学び  投稿者: 役員 投稿日:2021/08/28(Sat) 19:53 No.2094


お天気に恵まれ、残暑厳しい1日でした。
ふと外に目をやると、すずめが翼を少し浮かし、口を開けてハーハーと息をしていました。
暑さを少しでも回避するための所作。

自然の中で生きる動物たちは、天候に左右されながらもその日その日を精一杯生き抜いている。
暑いだの、雨はいやなどと言っている自分を恥ずかしく思います。
頑張って生きている姿は美しい。
そう教えてもらった1日でした。

令和三年八月の不動会護摩供、本日、無魔成満いたしましたこと、ご報告いたします。



感じる  投稿者: 役員 投稿日:2021/08/27(Fri) 07:54 No.2093


暦のうえでは秋ですが、、暑さが堪える日になりそうです。

天地始粛(てんちはじめてさむし)
天地の暑さがようやくおさまりはじめる頃 という意味です。
これは秋分など、季節を表す二十四節気をさらに約五日ご
とに分けた七十二候の名称で8月28日頃を差します。

次候は禾乃登(こくものすなわちみのる)
稲が実り、穂を垂らす頃という意味で9月2日頃を差します。

四季に合わせ、趣ある表現で、先人は農業の目安にしたり、季節を知るために使っていたのですね。
他の時期の名称も調べてみると、自然と共生して暮らしてこられたことがわかります。

素晴らしい先人の知恵を日々に取り入れて、豊かな生活を送れるよう心掛けたいと思います。



  投稿者: 事務方 投稿日:2021/08/26(Thu) 19:01 No.2092


長く続いた秋雨があがり、戻ってきた残暑

ふたたびの蝉の声

やがて・・夕べには虫の音が聞こえてくる

お寺の境内地にはそこ、ここに彼岸花

日々の暮らし、現実に追われるも、神仏への感謝を忘れることなく、

ご先祖様、亡き方々を忘れまい

秋彼岸法要の時がやってくる

  

  
[管理者修正]



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -