[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


妙見会  投稿者: 寺内 投稿日:2018/09/03(Mon) 15:14 No.954


年に一度の妙見菩薩ご縁日法要を昨日、滞りなく修めさせていただきました。
御供は寺内てづくりの生姜糖。そして新たな一年、妙見菩薩尊像御札を御参拝者に秀和阿闍梨から授与、お下がりの生姜糖もご一緒にお持ち帰り戴きます。猛暑で疲れた心身を癒やされますよう。

この日の中食、女性役員がお勤め前に頑張って下ごしらえ。松茸ご飯にお吸い物、季節を味わいつつ頂戴いたしました。

今日から台風21号の影響が出てまいります、くれぐれもお気をつけて。飛びそうな物の片付け、懐中電灯の準備等を行い、情報を小まめに収集していつでも行動できる支度を整えましょう
お寺は大のぼりも小のぼりもすべて別のところに保管しています。風が強い台風のようですので再点検を
なさって下さい。

あとは、大事なく行き過ぎるのを願うのみです。お気をつけて。



妙見会  投稿者: 寺内 投稿日:2018/09/01(Sat) 14:46 No.953


明日は年に一度の妙見菩薩縁日法要、毎年9月の第一日曜日をご縁日として法要を修めています。
御本尊不動明王御前に鎮座する妙見菩薩。金色に光る目が鋭い佛様です。今月より献灯はいつでも承っていますのでどうぞお申し付けください。願意成就を念じ、毎日お供えさせていただきます。

かつてない猛烈な台風21号が日本上陸のおそれ、願わくば海上を進んでほしいのですが自然のこと、そうはいかないようです。今日明日のうちに最大限の対策をなさって下さい。



3分の1  投稿者: 寺内 投稿日:2018/08/30(Thu) 17:27 No.952


長月、9月が目前です。残すところ一年の3分の1。1日がとても長く、早く大人になりたいと思った10代は、はるか、はるか昔。今では時の早さを止めたいくらい。

さて9月の異名は長月、諸説あるようですが「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力で秋の夜長、月をめでつつ・・と優雅ですね。一方で9月1日は防災の日。大正12年9月1日発生した関東大震災の日が防災の日と制定されています。智恵や経験を蓄え、日々を味わい過ごしていきたいものです。かつてない暑さに見舞われた夏もあとわずか、頑張った体をいたわり、秋をむかえましょう



九月九日  投稿者: 寺内 投稿日:2018/08/28(Tue) 19:34 No.950

九月九日は重陽の節句お話会。どうしてこの日?「九」は陽、お目出度い数字にあたりこれが重なる非常にめでたい日という謂れがあるとのお話を以前うかがいました。この度はどんなお話が伺えるか楽しみです。加えてこのお話会後、和慧住職からご自身の十月分マントラ日運勢図を持参の方お一人お一人にアドバイスをいただけることになりました。お申込み、お問い合わせはお電話でどうぞ。

美しい盆花が咲いているのを見つけました。



不動会護摩供  投稿者: 役員 投稿日:2018/08/28(Tue) 19:32 No.949


昨夜は関東で落雷、雷雨、雹と大変な天候でした、大事ございませんか。今日も全国的に不安定な気候です。予報を見、ご留意下さい。

さて今日は不動会護摩供、月に一度のお護摩修法、内陣めぐりで御本尊様御前でお焼香をしていただきます。この有縁方々のこのひと月の報恩謝徳と九月が大難は少難に、少難は無難に導かれますことを念じつつお参りさせていただきます。そして昼食(ちゅうじき)は和慧住職手作りの品々。ヨーグルトには広島の島 小松さんからのブルーベリージャムをトッピング。お次の一品。中はなんとひょうたんかぼちゃとごはん、玄米の三種で海苔巻き。独創的です。続いてはしその葉、ごはんのお伴です。目と舌で楽しませる・・そんな想いがこもった精進料理、美味しく頂戴しました。
お茶は秀和阿闍梨の御接待、な、な、なんと生まれて初めていただく冬虫夏草のお茶。身も心も元気になります!!
また一ヶ月、がんばりましょう



彼岸花と妙見会  投稿者: 寺内 投稿日:2018/08/26(Sun) 14:16 No.948


処暑を過ぎたとはいえ、きびしい残暑です。背中に照りつけるお日様の熱気がすごい。草を引く額から体中から汗が滴り落ちます。それもそのはず、最高気温37度だそうな。こんなに汗かいて大丈夫?と思うものの、あがった体温を調整するため体内で一生懸命がんばっている。その分、しっかりと水分補給を欠かせません。

こちら日々草が元気です。その左すみにちょっとみえる球根。秀和阿闍梨が植えた彼岸花です。毎年、お彼岸の時期に咲くので彼岸花、今は芽もなにもでていませんがこれからどんな成長をして花が咲くのでしょう。別名は曼珠沙華。サンスクリット語のmanjusakaの音写で法華経の経典に由来するそうです。一方で死人花など忌み嫌われる異名があります。毒があることはよく知られており決して経口してはいけません。ただし専門家によって外用薬としては使われているようです。相反する両面を持っていますが、ともあれ美しく華やかな花です。

さて、9月2日の日曜日は妙見会です。御本尊様の御前に鎮座する妙見菩薩の年に一度の法要を行います。御祈願、御回向承ります。是非お参り下さいませ。眼光鋭い、心の内を見透かすような、そして”星”にゆかりが深く運命を司る、或いは眼病に霊験ありといわれる佛様。他にも・・御説法でお話されるのでは!?
 なお当日、御参拝、御回向、御祈願お申込みの方に妙見菩薩尊像御札を授与いたします。



よいしょっ!!   投稿者: 寺内 投稿日:2018/08/25(Sat) 13:09 No.947


今朝も今朝とて境内地を見て回ります。と、小さい秋♪み〜つけた。強風に運ばれたのかひょうたん池の傍にどんぐりがひとつ。一方、バッタがクライミング。高さ40cmはある所を体調3cmに満たないバッタが一直線に一歩一歩上がっていきます。下方左隅には1cm程の赤ちゃんバッタが挑戦中。小さな体からしたら、この壁はどんなに果てしなく大きく感じるだろうと眺めていると途中、止まりながらあきらめず上り続け2分程でしょうか上りきりました。到着後はヒメイワダレ草の葉で水分補給し一休み。一方、赤ちゃんバッタは壁につかまった状態を続けています。行きたい方へ・・がんばれ!

さて今日は広島の島さんが御参拝に来られました。御不動様、御地蔵様、御薬師様、そして愛犬ジョニー君に。電話という便利なものがありますが、やっぱりお顔を拝見してお話ができるのは嬉しいですね。道中、くれぐれもお気をつけて。



ひょうたん?かぼちゃ?  投稿者: 寺内 投稿日:2018/08/24(Fri) 16:19 No.945



座敷オヤジさん、丹精込めて作られたお野菜のお供物、丁寧にくるまれて無事届きました。いつも恐れ入ります。ひょうたんの様な形、でもかぼちゃ”ひょうたんかぼちゃ”だそうです。
早速、御不動様にお供えさせていただきました。

このかぼちゃもこちらでは見かけることがなく、所変われば、品変わる・・です。
お下がりを皆でありがたく頂戴します。レシピ検索します。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -