[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


企画予定  投稿者: 松岡 投稿日:2014/12/02(Tue) 13:02 No.190

和慧住職のホームページ 極楽庵の記事より抜粋しました。


12月11日木曜日に行う「魂魄」からはじめ、年明けには昨今流行の「墓じまい」の問題もお伝えできる機会を考えています。



魂魄  投稿者: 松岡 投稿日:2014/11/29(Sat) 19:19 No.187

魂魄(こんぱく)・・って
何でしょう・。

魂と肉体という事だそうです。
魂と魄があってこそ我が身が成り立っています。

この魂と肉体の不思議な関係を 前田和慧住職がお話して頂ける機会が出来ました。

平成26年12月11日 真伝不動明王寺の本堂にてお話されます。

ご希望の方は真伝不動明王寺までお問い合わせ下さい。

新しい年を迎える前に、自分を知る事が出来るかも知れませんね。

-------------------------------------------------------------

平成26年12月14日  午前九時〜午後四時  雨天決行

今年一年のご加護に感謝し、お寺の大掃除を行います。

私がはじめて大掃除に参加したのは、もう25年以上前の事になります。

その時は何も分からず参加しましたが、世話人さん達が親切に教えて下さり心地よい疲れがあったのを思い出します。
それに功徳を積む事は、「難しく考える事はないんだなぁ」と思った一日でした。

その私も今では世話人の一人となりました。
私が以前 世話人さんにして頂いたように、はじめての方にも心地よく功徳を積んで頂けるように努めたいと思っています。

はじめての方でもご遠慮なくお寺においで下さい。

お寺は 「心の依りどころ」。

みんなで一緒にいかがですか。





Re: 魂魄   わっこ - 2014/11/30(Sun) 22:08 No.188

お寺の年末大掃除、一年のご加護に感謝してお掃除したいと思います。
仏様にもご先祖様にも喜んでいただけるように(^^)





Re: 魂魄   松岡 - 2014/12/02(Tue) 20:36 No.191

わっこさん
宜しくお願いします。



吉祥 迎春奉納竹  投稿者: 山口 投稿日:2014/11/26(Wed) 12:39 No.185

まずは、この度の長野県北部で発生した地震で被害にあわれた方のお見舞いを心より申し上げます。まだ、余震がしばらく続くとのこと、気をつけていただきたいと思います。

今年も後わずかとなりました。お寺の行事も年末年始に向けて準備が始まっています。12月21日納大師会、24日納地蔵会、28日納不動会。年が明ければ、平成27年修正会を1月1日、2日、3日に新年の初護摩法要を行います。
この修正会に新しい年の歳神様の依り代として門松を奉納いたします。

真伝不動明王寺の門松は、あまり見受けられないそぎのない寸胴の門松で歳神様をお迎えしております。そぎのある門松は、徳川家康が唯一敗戦した武田信玄との戦が発端になっているそうです。

修正会に歳神様をお迎えしみなさんに良い年でありますように「吉祥 迎春奉納竹」として募っております。多くの方の奉納をお持ちしております。迎春奉納竹についてのお問い合わせは真伝不動明王寺まで電話でお願いします。
[管理者修正]





Re: 吉祥 迎春奉納竹   ブッキー - 2014/12/01(Mon) 15:36 No.189

慈報でのご案内を見てましたが、奉納竹の意味合いを
教えてくださりありがとうございます。
歳神さまに来年一年、みんな元気で過ごせるよう
奉納竹をお願いしたいと思います
お忙しいことと思いますが、どうぞお体大切に
なさってください





Re: 吉祥 迎春奉納竹   山口 - 2014/12/02(Tue) 20:50 No.193

ブッキーさん、コメントありがとうございます。
私も門松に携わるまでは、意味合いを知りませんでしたが住職からいろいろ教わり勉強になっています。歳神様を無事にお迎え出来るように門松を作らせて頂きます。



お袈裟の会  投稿者: 松岡 投稿日:2014/11/24(Mon) 08:25 No.183


21日の大師会に有志の皆さんで、お袈裟作りが始まりました。

秀和阿闍梨さんの指導のもと和慧住職も加わり和気藹々とした雰囲気で始まりました。

この会は2回目で、1回目はお作りになった袈裟を掛け和慧住職と秀和阿闍梨さん同行で、本当に贅沢とも言える四国八十八箇所巡礼の旅に出かけられました。

以前に半分のお寺を巡礼されましたが、今回は残りの半分をご自分で作られたお袈裟を着けての10日間の旅でした。

巡礼先では、同じ思いで参られる方々から注目されたそうです。

一針を大切に縫われた「お袈裟」、出来上がるまでには思いを込めた大切な時間を味わい、出来上がればお袈裟を掛け合掌、どちらも心落ち着く大切な時間ですね。

普段、気忙しく生活する中、各務野の山中に足を運ばれ、山の空気と木々の葉音、鳥達の集う声を聞きながら ゆっくりとした時間を過ごすのも心落ち着くのではないでしょうか。

「やってみたい」と思われる方は お寺に問い合わせてみて下さい。

きっと、「みんなでやりましょう」となるのではないでしょうか。

他にも「竹華灯籠まつり」の実行委員の方々が、境内地でのイベントを企画してくれます。

楽しい事は み〜んなでやりたいですね。





Re: お袈裟の会   わっこ - 2014/11/24(Mon) 21:54 No.184

お袈裟の会、素敵な時間をお過ごしのようですね。私もいつか機会があれば参加してみたいです。





Re: お袈裟の会   松岡 - 2014/12/02(Tue) 20:37 No.192

わっこさん
是非、ご参加ください。



台風18号  投稿者: 山口 投稿日:2014/10/04(Sat) 19:02 No.181

今日は、台風18号が日本列島に接近しているため、大のぼり、小のぼりを台風から守る作業を行いました。皆さんの願いの書いてあるのぼりを台風でやぶれないように大のぼりは、石の柱から下ろし、小のぼりは風で破れないようにまとめて養生しました。今回の台風は勢力が強いとのこと、早い目の台風対策を行い、大難は少難、少難は無難になるようにお不動さまのご加護を授かりましょう。





Re: 台風18号   和慧 - 2014/10/04(Sat) 20:25 No.182

ご苦労様でした。

突風と豪雨が懸念されます、大事ありませんように。



救急救命講習  投稿者: 山口 投稿日:2014/09/22(Mon) 00:36 No.176

先日、9月14日に真伝不動明王寺の本堂で各務原東消防署のご協力のもとで救急救命講習を行いました。
参加者は、近隣から東海市、神奈川県からと遠方の方を含めて13名でした。
救急救命講習では、心肺蘇生の手順、AEDの使用手順、異物の除去・止血法について教わりました。
まずは、心肺蘇生法の重要さから教わりました。心臓と呼吸が止まってから救急車が到着するまでに何もしなかった場合と心肺蘇生法を実施した場合では、命が助かる可能性がずいぶん違い、また、AEDによる電気ショックを与え心室細動による心臓のふるえを取り除く除細動を実施することで社会復帰率が何もしない場合に比べて2倍も違うとのことです。
本当に心肺蘇生法を知って身につけておくことで助かられる命がたくさんあることを教わりました。
次に、人形を使っての実践では、胸骨圧迫と人工呼吸によって心臓と呼吸の動きを助ける方法を教わりました。30回の胸骨圧迫と2回の人工呼吸を1セットとして救急車が到着するまで行う必要がありますので、かなり体力を必要となります。
そして、AEDの使い方を学びました。心臓が突然止まる原因として心臓が細かくふるえる心室細動が生じているため、この心臓のふるえを電気ショックで取り除く装置がAEDとのことです。
AEDは最近では、街角で見かけるようになりましたが、実際使用したことがなかったために今回の講習を受けて良かったと思っています。

今回、真伝不動明王寺にもAEDを設置することになりました。
今回の講習だけでは、実際使う時には焦ってしまうことも考えられますので、常日頃から訓練しておかなければならないと思います。これをきっかけとして救急救命について勉強してみたいと思いました。
※写真は、異物除去の仕方です





Re: 救急救命講習   春駒 - 2014/09/22(Mon) 18:12 No.177

救急救命講習受講の機会をいただき有り難うございました。
あっという間の3時間でした。皆さんからは質問が次々。
それに丁寧に答え、指導をしてくださった救急隊員の講師の
お二人本当にありがとうございました。
まず最初に大切なのは沢山の人の協力。
これがなければ難しいことを知りました。
そしてひとりでも多くの人が知って、体験すればいざという時に
力を合わせ行動できます。
これからも是非こういった機会には参加したいと思います。





Re: 救急救命講習   竹下 - 2014/09/22(Mon) 22:21 No.178

AEDの講習会を受講させて頂きました。
AEDがあるから安心ということではなく、心肺蘇生法とAEDを使用し
一次救命処置を行うことで 命が助かる可能性が倍になること。
また、的確に状況を救急隊へ伝えることが重要であることを学びました。
活発な意見や質問があり、とても有意義な講習でした。
大変役に立つ講習会をありがとうございました。





Re: 救急救命講習   わっこ - 2014/09/22(Mon) 22:48 No.179

救命救急講習を受ける機会をいただき、ありがとうございました。
実際やってみると、救命救急士の方に教わったばかりなのに同じようにできなくて、何度も訓練を繰り返す事の必要性を感じました。
また講習の機会があれば受けたいと思います。





Re: 救急救命講習   UZY - 2014/09/23(Tue) 01:34 No.180

講習受講でき本当に良かったと思います。
心肺蘇生ひとつTVの知識ばかりで行動が伴わず・・・
大変勉強になりました。
またこのような場を設けて頂けたら参加致します。



大薬王樹  投稿者: 和慧 投稿日:2014/09/12(Fri) 21:10 No.173


放置していた「びわ」の木を少し風通しよくしました。

葉を洗い煎じ足湯に使用しました、10月から2月頃が採取に適するそうです。

びわは教典の中に「大薬王樹」と書かれ、古来からその効能が知られていたのですね。

近隣の野山から蓬やドクダミ、ユキノシタ・スギナなど時々採取してお風呂や足湯にしています。

棗も四年目にしてたくさんの実をつけました、ぐるりと境内地を見回せばいろいろ楽しい秋です。

九州の田篭みつえさんより、びわ染めもできると教えていただきました「ピンクベージュ色」に染まる情報をいただいたので時を見計らい、大薬王樹の色を染めてみたいと思う今日です。



盂蘭盆法要  投稿者: 和慧 投稿日:2014/08/15(Fri) 18:16 No.169


提灯で迎えた亡き人々との盂蘭盆法要、時が過ぎるのは早く、終戦記念日の今日、夕方より送り火です。

泣き出しそうな空ですが本堂の横から、初盆を迎えた方から「明るい色のローソクがいいわ」と選ばれたローソク、暖かい色の送り火です。

蓮鉢の葉をいただき、花と水を添え蓮華ローソクにてお見送りいたしました。





Re: 盂蘭盆法要   松岡 - 2014/08/16(Sat) 01:19 No.170





今年も盂蘭盆法要が和慧住職様はじめ秀和阿闍梨様のもと厳粛にご供養が執り行われました。

全国の皆様より御先祖様や亡き方々への思いを込められたお盆提灯が境内地内に祀られました。

そのお盆提灯には役員のみならず亡き方を大切に思って下さる多くの檀信徒の方々の手によって灯明を点させていただきました。

その灯りは其々に揺れなびき、風による揺れだけではないものといつも感じさせられます。

その中にお不動さんに長年お参りされるのを楽しみにされていたお二人の方が新盆をお迎えになりました。
二つ並んだお二人のお盆提灯が、はっきり分るほど大きく揺れ動き、まるでお身内にお知らせている様でした。

お二人ともよく話して頂いただけに、自然にいつもの笑顔で新盆を迎えられていると強く感じました。
旅立たれた親や多くの顔見知りの方々のお盆提灯を見るたび、密かにうなずいてしまいます。

目に見えなくなった身内や知人を大切に思う事や思いを慮る事が大きな教えとなるかも知れませんね。

今年も善いお盆でした。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -