[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


ここ数日。  投稿者: 寺僧 投稿日:2010/3/29(Mon) No.24


玄関先にある蓮を大きな睡蓮鉢に植え替えました。

28日の午前の護摩供のお供えです。
名前はありませんが、甘しものでした。

樒を数本、お寺の北東にあたる土地に植えさせていただきました。


護摩供やご供養、ご祈願というのは何かお坊さんが特別なことをするわけではなく、
お坊さんや、お祈りする人や先祖を偲ぶ人との共同作業であると思います。
どれか一つがかけてもならないと思うのです。

少し難しいかもしれませんが・・・。

大黒柱という名前のものは家の建材の一つであるから大黒柱と呼ばれます。
家がなければ、大黒柱という名前はなく、ただの木です。
しかしまた、大黒柱がなければ家は完成しません。
全てがそろって初めて「家」は完成し、家があるからこそ木は大黒柱や梁と呼ばれます。

何か一つであると思うものも、数々の縁によって初めて成り立つものです。

お坊さん、お不動さまだけでは護摩ではありません。
そこに願いを込めて下さる人がいらっしゃって、お不動さまがいらっしゃって、お坊さんがその繋ぎ役である給仕をして、その他色々な縁があって初めて「護摩」になります。

言い換えれば、添え護摩木の一枚も、樒の一葉も護摩なのです。

様々な縁の感謝と共に、お祈り下されば幸せに思います。



山に伏せる。  投稿者: 寺僧 投稿日:2010/3/22(Mon) No.23


山に伏せるいい時期になってきました。

お寺の東の谷に沢山のヒサカキが咲いています。

凡そ一般的には神棚には榊というのが通説とされていますが
このヒサカキを神棚にお供えする地域もあります。

春蘭も咲いていました。



お供え。  投稿者: 寺僧 投稿日:2010/3/3(Wed) No.18


先月28日のお昼は水無月を、夜は煮凝珈琲お供えさせていただきました。

護摩に使う櫨の木もお供えいただいたので、お供えさせていただきました。


みなさんがお供えしていただくもので護摩に携われる幸せ。
携われると表現しましたのも、お坊さんが護摩を焚くのではなく、
お坊さんも護摩という供養の一つの縁でしかありません。

因は皆さんの気持ちです。
縁は拝む人や願う人、そしてお坊さんもその中の一つです。

種は因であっても、水という縁が無ければなりません。
また、水という縁だけでも種という因がなければなりません。
種(因)から土や水の縁をもって芽吹き、果を結ぶ。

みなさんの気持ちという種が芽吹いて良い果が結ぶように、と願います。

余談ですが。
片輪結びの左の輪は太陽を象徴し、天に伸びる枝物や木に関するもの。
両輪結びは「地」を象徴し、草や花を贈る時にとあります。
今は概して丸い物は解きやすいようにという意味で片輪結びをします。
推測の域を出ませんが、お饅頭などのお菓子などの包みの紐が両輪になっているのは、きっと小麦等の草からのお菓子という事なのでしょう。





Re: お供え。   ちぇりー - 2010/3/6(Sat) No.19

庵主様、ブログ開設おめでとうございます。これでまた一つ、楽しみが増えました^^  こちら福岡は梅の花も散り、今は水仙が庭を明るくしてくれてます。来週はまた雪の気候とか。。。庵主様も充分ご自愛されてお過ごし下さいませ。煮凝珈琲美味しそうですね*^^* --





Re: お供え。   ラッコ - 2010/3/6(Sat) No.20

いろいろ悩みが沢山ある自分ですが庵主様のお言葉が励みになってます。





Re: お供え。   前田和慧 - 20103/8(Mon) No.21

お寺のHPを読んでいただきありがとうございます。少し出遅れ申し訳ございません、ブログは寺僧が発信しておりますことをお知らせ致します。





Re: お供え。   ラッコ - 2010/3/8(Mon) No.22

登校拒否して以来41歳ニートの私ですが、31年間何も悪いことをしてない父を無視し続けてきました。そして今日私が父に謝り31年ぶりに父との関係を修復することができました。庵主様に合う前に父との関係を修復できてよかったです。庵主様と合ったときに一つしかられることが減りました。父に謝った瞬間涙がでました。本当に今日は良い一日でした。



春に到る?  投稿者: 寺僧 投稿日:2010/2/24(Wed) No.17


ここ連日の小春日和にお寺には春が訪れています。

梅も咲きました。

これはナズナ。

これは・・・なんでしょう。
この花を見る度に春を感じます。


「雑草という草はない」昭和天皇のお言葉です。
心地良い陽に花が咲き乱れて快い日が続いています。

「四つ葉のクローバーを見つけるために三つ葉のクローバーを踏みにじってはいけない。幸せはそんな風に探すもんじゃない。」
誰の言葉か不明なのですが、喩えを用いた諫める心は判りやすいです。
僕もこの写真を撮るために花を踏んでしまいました。
いかんですね・・・。



大師会  投稿者: 寺僧 投稿日:2010/2/21(Sun) No.15


御大師さんの縁日なので、お供えを作りました。
今回は鳴海餅です。
毎月に高野槇をお供えしていただいているのですが、
今月は冬の為に葉が少し茶色になっていたので、
包んでお供えさせていただきました。



三日坊主。  投稿者: 寺僧 投稿日:2010/2/19(Fri) No.81

何だかんだで、放置してしまって申し訳ありません!
今日は門松を作る際の梅が一輪咲いていました。
そろそろ春の足音が所々に耳や眼に。
今年は本堂前の蓮を植え替えてあげようと思います。



掲示板を設置!  投稿者: 寺僧 投稿日:2010/1/31(Sun) No.14


掲示板を設置しました。
これで通りを散策されている方も行事等を知ることができます!
新たな御縁の門となれば幸いです。



 月並護摩   投稿者: 寺僧 投稿日:2010/1/28(Thu) No.10


毎月28日の護摩はみなさんが参拝にみえる前に1時間ほど
供養法という作法を行ってから護摩を修しています。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -