[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


霜月の縁側説法  投稿者: 寺内 投稿日:2017/11/17(Fri) 09:46 No.470

明日18日(土)は縁側説法です。午前11時より本堂にて行います。
和慧住職、皆さんの質問からお話を進めていくご予定。ただし、個人的なご質問はご遠慮のほど、お願いします。
近隣に飲食店がございませんので、昼食、飲み物をご持参ください。なお、参加につきましてはお布施をご用意下さいませ。

明日は、寒く雨の予報、どうぞ暖かくしてお気を付けてお出かけ下さい。お待ちしております。沿道の紅葉も美しく色を染めてきました。





Re: 霜月の縁側説法   寺内 - 2017/11/17(Fri) 10:02 No.471

スタンプカードをお持ちの方は、ご持参お忘れなく。
初めてのご参加の方には当日、受け付けでお渡しいたします。

15日の白装束お話会でスタンプ12個が貯まり、住職より
プレゼントをいただいた方がお見えでした。第1号です。
期限はありませんので、ぜひご参加下さい。



冬装備  投稿者: 寺内 投稿日:2017/11/16(Thu) 16:48 No.469

天気予報に雪だるまがあらわれるようになりました。昨日、東北、北海道では降雪も見られたようです。お寺は市街地から15分程の山中ですが、やはり町よりは早く雪景色となります。
今日は、お寺、住職の車のタイヤ交換を完了。どうぞ早めの冬装備をなさってください。一気にくる寒さは身体に堪えます、どうぞ暖かくしてくださいね。

動物さんの約束の蓮台、角度を変え撮ってみました。にゃんこに小鳥、そしてわんこの姿、後ろ姿も横顔も愛らしい。



新年しめ縄の藁御奉納と白装束お...  投稿者: 松惠 投稿日:2017/11/15(Wed) 16:49 No.468

来年のしめ縄の藁を本日、御奉納いただきました。

荒れ模様の天候で、お米を育てるのも大変な中、御不動様の為と手をかけ綺麗にお掃除を済ませての御奉納です。毎年の事ながら、本当に有り難いことです。

本日は、第3回目の白装束お話会と縫いの日でした。
手縫いをすることの意義含め、疎かになりがちな大切な送り出しについてお話下さいました。またその縫い方を教えていただける事はとても有り難いご縁と感じずにはいられません。白装束を縫い始める方、縫い方2度目の方々には女性用の肌襦袢の縫い方を教えていただきました。襟をつけたら、完成です。

いつもなら賑やかな皆さんですが、一心に針を進めておられました。お帰りには座敷おやじさんから届いたりっぱなゆずを手にお帰りになりました。

ありがとうございました。



厄受け地蔵手ぬぐい  投稿者: 寺内 投稿日:2017/11/15(Wed) 09:44 No.467


和慧さんの縁側ブログを見た方より手ぬぐいを分けて!とご連絡をいただき、急遽、お分けさせていただくことになりました。
そば殻枕挑戦によし、また枕の上に掛けお休みいただくもよし、です。どうぞお手元に。そして厄受け地蔵様の御加護をいただけます様。

一枚 500円です(厄受け地蔵菩薩様への浄財にさせていただきます。)
送付の場合 
送料 1枚 120円、2〜5枚 250円、6〜10枚 500円
ご希望の方はゆうちょ銀行 振替口座へ
通信欄に 厄受け地蔵菩薩手ぬぐい、枚数を明記の上、送料と共にお振込み下さい。

口座番号 00860-8-17986 加入者名 真伝不動明王寺



和慧さんグッズ  投稿者: 役員 投稿日:2017/11/13(Mon) 18:10 No.466


工夫と道具ならお任せの和慧住職、昨日、井戸作業後に役員に見せて下さったストラップとキーホルダー。どこかで見たような、お寺のオリジナル交通安全ステッカー。
自転車に付けていた高校生、新車で他の子はよく盗難にあったのにこの子は一度も遭ったことなかった、また車に付けているご婦人はステッカーを付けてから、道を譲ってくれたりなんだかスムーズなんですと言ってくださる、好評のもの。しっかりこの図柄の意味をご存じで守っておられるからこそですが。

それが、住職アイデアでこの通り。皆さんにお分けしたいのでお寺で頒布させていただけないかとお願いしたところ、皆さんに喜んでいただけるならと快諾して下さいました。今日、初の告知です。

和慧住職監修、
@ 交通安全ストラップ
A 御不動様梵字キーホルダー 
いずれも税込み540円です。

お寺での頒布並びに送付もさせていただきます。
(送付の場合、3個までなら送料100円、それ以上は200円)

ご希望の方は下記、ゆうちょ銀行振替口座へ、備考欄に種類と個数をお書きの上代金をお振込み下さい。お申込み内容、入金確認後、送付いたします。
 口座番号 00860-8-17986 加入者名 真伝不動明王寺

別途、交通安全ステッカーも頒布しています。こちらは税込み800円です。このステッカーの図柄の意味は、11月10日のブログをご覧下さい。お申込みお待ちしてます。



11月のお話会  投稿者: 寺内 投稿日:2017/11/13(Mon) 14:10 No.465

15日(水)は第3回白装束お話会、18日(土)は縁側説法です。
いずれも講師は和慧住職。昨日の井戸作業後の筋肉痛と闘いながら住職はお話会の準備に余念がありません。
さて、白装束お話会は装束の縫い方も行うため、それぞれ進み具合が違います。どの回からもご参加いただけます。なかなか聞けない事、そして実際に縫うことで心身共の学びをしていただけるのではないでしょうか。
お話会にご参加の度にスタンプを押します。一杯になりましたら、何やらお楽しみがあるようですよ。

ご参加の方は、お寺までご連絡を。

※通信で袈裟縫いを秀和阿闍梨が教えて下さいます。詳細は電話にてお問い合わせ下さい。



山の神様、水神様の元へ  投稿者: 松惠 投稿日:2017/11/12(Sun) 22:17 No.464


以前からの予定通り、和慧住職、町の水道屋さん、力自慢の若者の4人衆で御不動様の大切な水源へ、凍結対策、冬支度に行きました。
水源までの道のりは急坂を下りるところから始まります。でも、大丈夫!一年前に和慧住職と若者が造作してくれた木と木に結ばれた手すり代わりのロープ、伐採した木を活用した階段を道具を持って下りていきます。水が出ないと専門家から断言されたその場所は、枯れることなく水をたたえていました。ぬかるみに足を取られそうになりながらも、住職の指揮下、陽の高いうちに第1段階の大変な作業が完了。
上がってきたら、男性役員が道具庫の整理を、今一人の男性役員は広い境内地の枯れ葉を綺麗に掃き掃除。そしてもうお一方の女性は、龍口のお掃除、お地蔵様の手水鉢、本堂周りのお掃除。その姿を見ると、みんなが頑張っているから頑張ろうってまた、力が湧いてくる。そんな一日でした。
水源から見上げた空、木漏れ日が暖かかった。



大のぼり  投稿者: 役員 投稿日:2017/11/11(Sat) 15:13 No.462


平成29年も残り50日になりました。毎年ながら時の流れの早さにオタオタする時節です。
大空に向かってそびえる大きなのぼり、一枚一枚にご奉納者のお名前を記してあります。一年間、風雨、雪に耐えました。大切な奉納ののぼり、台風の時は、風の影響を受けやすいため事前に役員で養生をします。
時に、天候に関わらずいつもと違う様子でいたむ場合があります。不思議に思っていると後に、お陰様で大難が少難になりましたとのご連絡が入ったと耳にすること、度々。
ご奉納者の安堵の思いをうかがうと身代りをしてくださったと思えてなりません。一年の決意を胸に旗揚げしたのぼり、御不動様がその決意を応援くださっているのでしょう。
来年に向けて大のぼり、小のぼり(御不動様、厄受け地蔵様)御奉納のお申込みを承っています。年末には来年への思いを込めた白く美しいのぼりを旗揚げします。
寒暖差が激しいこの頃、どうぞ体調崩されません様。





Re: 大のぼり   寺内 - 2017/11/11(Sat) 20:07 No.463


今日の午前は広島から、午後には和歌山から和慧住職に謁見のため
御来山されました。
御二組とも御不動様と長いご縁の篤信者

ごゆるりと時を過ごされ、お帰りの時には見事な虹がかかっていました!



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -