[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


着眼点  投稿者: 町の水道屋 投稿日:2020/11/19(Thu) 16:21 No.1800


落ち葉のじゅうたんがあちらこちらで見受けられる季節になりました。
掃いても次の日にはまた元通りになっています。これからしばらく続く外回りの作業です。

落ち葉を集めて乾燥させるひと手間を加えるとネットで販売できるみたいですね。発想の転換というか着眼点を変えることでビッグチャンスにつなげている人がいるみたいです。

このコロナ禍の中、第3波到来、感染者数が更新とかマイナスな話題が流れる中、着眼点を変えてプラスな話題を増やしてコロナに打ち勝ちたいですね。



活かす  投稿者: 役員 投稿日:2020/11/18(Wed) 09:45 No.1799



こちら各務原ではここ数日、昼間は20℃を超え、異例の暖かさが続いています。
ちょっと動けば汗をかき、風邪を引かないように注意しなければ。

全国各地では第3波と言われる感染拡大が続き、これからの気温の低下と空気の乾燥が懸念されます。
しかし、手洗いやうがいの徹底など春先から経験し学んだことを活かせば、必要以上の恐れを抱かなくてもよいのではないでしょうか。
それぞれにまずは自助を心掛けることを再認識する踏ん張りところ、乗り越えていきたいですね。



甦る  投稿者: 事務方 投稿日:2020/11/17(Tue) 18:19 No.1798


ふと甦る記憶、そして語りあう時がある。

それはお地蔵様石堂遷座をご縁とし和慧住職が思い描いていたおまつり竹華灯籠まつり。ただ一夜、二夜に注いだ日々。

竹伐採から始まったおまつり。

3m、120本の竹スクリーン、短尺の竹にほどこした飾り彫り。

手前味噌ながら今でも思い起こすと、それぞれの思いがあり美しさとすごさを感じます。

手にしたことがない電動工具、向き合ったことがない竹。

一方ではわずかな時間で竹ひごのひき方講習を見、ひごひきを担った町の水道屋さん達。

信徒さんと共に作った小物の数々。

だれしもができないと悩み、考え、そして他と比べる心が芽生えるなか、やがてうまれた自分らしさ。初めてのことで先頭を突き進む住職は寝食をわすれるほどの日々。

そして遠近問わず、足を運んでくださった方々の笑顔がわすれられない思い出。

自分だけの体験は限られたもの、多くの方の良縁で知る智恵や方法、まだまだ吸収できるようにしなくては!ぼんやりはしてられませんね。

住職が染めた竹ひご、町の水道屋さんが引いた竹ひごで竹編みをしたものです。

よく語られる住職の言葉、一生懸命が輝く。どう向き合うかが現れるんですね。

暖かい日が続いています。それでも11月半ばを過ぎ初冬。加湿、換気に一層心がけてまいりましょう。

各御奉納お申し込みはどうぞお早めに。



積善  投稿者: 町の水道屋 投稿日:2020/11/16(Mon) 09:41 No.1797


今週は、草取り、植木の手入れ、水回りの冬支度を積善で来寺された信徒の方々と行いました。
両日とも暖かく作業のしやすい日でした。みなさんお疲れが出ませんようにアフターケアーを忘れないでくださいね。

さて、昨日のお昼ごはんの際に積善に来られてた人の会社のことの悩みの話題になりました。
「新しく雇用した人がね、ちょっとね。いろいろあってね。」
と親子で悩みを表現力豊かに話されるので、お悩みなんですがどうしても笑いが止まらず、さらに住職がマントラ的にその人を見だし始め、その職場の人間模様を表現豊かに話されるともう悩み話が笑い話になってしまいました。
笑ってはいけないんですが、どうしても笑いが止まらなく、お悩みの信徒の方には失礼いたしました。
住職曰く、「辰年は表現力が豊かだからこうなると。でも、一度逆鱗に触れると怖いのうよと」
その従業員さんが逆鱗に触れる前に態度を改められると良いのですが・・・。

そういえば、逆鱗と言えばお寺の龍口を建立するときに逆鱗のお話を聞きました。確か縁側ブログでも書かれていたように思います。これを機にもう一度読み返すのも良いかもしれませんね。



徐々に  投稿者: 寺内 投稿日:2020/11/14(Sat) 09:16 No.1794



お寺のこれからの姿を描いて進めている竹鉢。

御喜捨を頂戴し、土、苗を徐々に準備しています。

まずは本堂前に竹鉢のお花を植えています。

苗が育ち、花咲くときが楽しみです。

そして、山へ植える木の苗をこれから準備し、次は山中へ植え込みです。

まだ始まったばかり、皆さんの御喜捨が作る山の豊かさ。

楽しみです。

新型コロナウイルス感染拡大の兆し、今一度気を引き締める時です。

マスク、手洗い、うがい、三密を避けるで自分を守り、他を守り共に生きていきましょう。

◎座敷オヤジさんへ
  びんづる工房さんより御浄財お預かりしました。
  この場をお借りし、御報告させていただきます。





Re: 徐々に   座敷オヤジ - 2020/11/14(Sat) 20:26 No.1795

寺内さんへ
こんばんは。ご連絡ありがとうございます。びんづる工房さんお手間をとらせて申し訳ありませんでした。竹華のおまつり以来ご無沙汰しておりますが先日元気なお声を聞けて嬉しかったです。今年はたくさん身代わりをしていただいたみたいなのでお直しにお手間をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。





Re: 徐々に   寺内 - 2020/11/15(Sun) 08:13 No.1796

座敷オヤジさん
あっという間に歳暮れが見えてきました。一年の締め括りに向けて寺内も頑張っていきます。また御目文字叶う日を心待にしています



伝える  投稿者: 役員 投稿日:2020/11/13(Fri) 21:57 No.1793



1日の寒暖差が激しい日が数日続いています。
朝晩は冷えるので暖房器具が恋しい毎日。

今、コンセントやUSB口が付いた背の高いこたつが登場し、在宅ワークの方々に人気だそうです。
ホットカーペットやエアコン普及により、こたつの出番は減っていると思っていたので意外なニュースでした。
日本の冬の1コマに欠かせなかったこたつ。

古き良きものは時代が進み変化しつつも残っていくものなのですね。
物だけでなく、季節の行事や食、まつりなど、それぞれの由来や先人の知恵を学び、後世にも伝えていきたいものがたくさんあると感じます。

赤葉センニチコウの紅と白のコントラストがきれいです。



  投稿者: 事務方 投稿日:2020/11/12(Thu) 15:54 No.1792



どう生きてきたか、どう生きてゆくか。

毎日の暮らしの積み重ね。

今日は今日、昨日とは違う一日。

時に支えられ、寄り添いながら。

しっかりと根を深く張って、倒れないように。

多忙だろうと住職が作ってくださった、お寺で咲いたサフランを添えたサラダとおなじみ植木鉢の焼き芋しっとり甘くて、おいしくいただきました。心と身に沁みます(*´▽`*)

ごちそうさまでした。



11月11日  投稿者: 町の水道屋 投稿日:2020/11/11(Wed) 14:10 No.1791

今日は11月11日。
1が4つも並ぶのでどんな日かを調べて見ると、10月10日についで記念日が多い日だそうです。
豚まんの日、ポッキーの日、電池の日、靴下の日、サッカーの日とみなさん、頭を柔らかくして機転を利かして記念日を決めておられます。
尸羅のメンバーの方は今マントラの課題に挑戦されているかと思います。私もなかなかクリアーせずに奮闘中です。頭を柔軟にして再チャレンジです。

日ごとに寒くなり北海道では積雪のニュースが聞くようになりました。
また、新型コロナウイルスの第3波が来ているとの報道もあります。
GOTOキャンペーンで少し気が緩みかけているころだと思います。手洗い・うがいをこまめにし、免疫力を高めるためにも規則正しい生活を心掛けたいですね。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -