[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


仕事をしよう  投稿者: 役員 投稿日:2018/03/24(Sat) 11:23 No.721


仕事と作業、あまり考えたことがなかったけれど、調べてみました。

作業はマニュアル通り、または指示された通りに行う事。一方仕事は指示された事を完成させること、更により効率的にする方法を考え実行し結果を出すこととあります。
作業の機械化が随分、進んでいるようにこれからも進んでいくに違いありません。人出不足の昨今、介護の現場にもAIが導入される様な事も耳にします。でも・・・そこにあるのは作業、お互いの心のキャッチボールができずただ淡々と生きながらえる、そんな希薄な世界が見えませんか。

話は変わりますが、毎月一回役員定例会を開いています。行事準備段取り、境内地整備等々議題は尽きません。お寺護持には作業ではなく役員としての仕事をし皆さんの心の拠り所として、皆さんの功徳積みの場として共に歩む。これが和慧住職が常々、おっしゃっていた事ではと思いいたる今日。

端的に表現した言葉がありました。
「仕事」は結果を生み出すこと。
「作業」は結果に向かっていく工程。
「仕事」はあなたしかできない事。「作業」は誰でもできること。

各地から桜開花の報せが届きはじめました。
お寺では少し早めに芝桜が咲いています。





Re: 仕事をしよう   和慧 - 2018/03/24(Sat) 19:18 No.722

作務にも作法あり、道に作法ありとも。
仕事でもなく、作業でもない、只今作法儀礼の道程中。





Re: 仕事をしよう   役員2 - 2018/03/24(Sat) 20:17 No.723

ご住職、そうでした。
作業ではなく作法をしなさいとのお言葉を思い出します。
ただやればいい作業ではなく、なぜそうするのかその意味を考え
理解する、作業の中にある教えに気づくこと。
大きな法要を目前に、心に留め置き実践、精進します。



流れゆく雲  投稿者: 寺内 投稿日:2018/03/23(Fri) 13:39 No.720


雨と春陽で寺標の周りが美しい花々で彩られています。

さてあの雲が撮りたい!とカメラを構えるもすでにその形は姿を変え、いずこかへ。

どんな楽しい事もずっと引き留めはできない、どんな辛いことも姿を変えていく、流れゆく雲のようです。ならば、ひととき、ひとときを味わい深く生きたいですね。





Re: 流れゆく雲   のりちゃん - 2018/03/24(Sat) 22:04 No.724

写真を見ていてとてもとても心が癒されます。また、訪れたいです。





Re: 流れゆく雲   寺内 - 2018/03/25(Sun) 21:06 No.726

ご縁ございましたら、お不動様へどうぞご参詣くださいませ。



お彼岸  投稿者: 寺内 投稿日:2018/03/22(Thu) 12:16 No.719


春雨の御中日、関東では雪模様でしたが暑さ寒さも彼岸までと云われる様に、春はすぐ近くまで。

さて昨日の春彼岸法要にて懇ろに御供養申し上げました。本日、心ばかりの香をお届けさせていただきます。御先祖様方は、或いはご参詣の際にお供えいただければ幸甚です。行の足りなさを痛感した御中日、お彼岸明けの24日まで、気を入れ替えて前進します。

寒暖差と生活が変わる時節、くれぐれもご自愛下さい。



春彼岸法要  投稿者: 寺内 投稿日:2018/03/20(Tue) 12:14 No.718


御先祖様へ、戦没者さんへ、愛しい動物達へとお申し出のありましたお供えのお花が届きました。
お供物、御灯明、お塔婆の調えをさせていただき御来山を待ち致しております。
明日は不参の方々の想いと共に読経、御回向申し上げます。

春の息吹に添いつつ、毎日を健やかに過ごしていきましょう。



縁側説法  投稿者: 寺内 投稿日:2018/03/18(Sun) 20:04 No.717


秀和阿闍梨が兵庫県の浄土寺さんへお伺いしいただいてきた蓮根です。縁側説法の後、皆さんにこにこ笑顔でお持ち帰りになりました。美しい蓮華が各家で花開きますよう。
さて、本日は”散華”についての御説法でした。

お釈迦様の誕生を告げた花そして悟りを得た時、お釈迦様の足元に咲いたのも蓮華。
(本日、浄土さんの蓮根をお分け頂けるとは摩訶不思議なご縁です。)
さて、散る華とかいて散華、お浄土の花が俗世に舞っていく姿です。大法要がはじまる前にまき、清らかな場所とします。等々、散華についてお話を伺いました。

御説法の最後に和慧住職があつく語られたのは、体が病になっても魂が元気であれば、病をもちながらも生ききることができる。しかし、魂が病になったら体が健康でも、動けない、動かない。小さな事であってもそこには意味があると気づけば、魂の肥やしとなり
不安が癒え、心丈夫になる。魂は年をとらない、磨き鍛えなければ気が枯れる、すなわち、気がれる(けがれる)。自分の中がにいる鬼を仏にする力を自分自身がもっている。
それを信じ切れるかどうか。変えるのは自分。力強いお言葉でした。

そして、この度瑠璃光院落慶法要を4月8日のお釈迦様降誕会に厳修のご縁、加えて御本尊となる薬師瑠璃光如来の御縁日が8日と誠にめでたい限りです。役員一同も身の引き締まる思いです。特にこの御本尊薬師瑠璃光如来ははじめて仏画を描かれた和慧住職の肉筆。みなさんから、メッセージや近況知らせのご返信のお葉書や奉祝のお浄財、紅白餅御奉納のお申し出を頂戴し、本当に有り難くお彼岸の準備と共に落慶法要の調えを進めています。
今日はお彼岸の入りです。精進!精進!
こころがけましょう。



お彼岸の入り、そして縁側説法  投稿者: 寺内 投稿日:2018/03/17(Sat) 10:35 No.715


明日はお彼岸の入り、お彼岸は御先祖様方が今世の私達の日々の行をより近くで見守ってくださる期間。ですから、この期間は身と口と意(こころ)を慎み、貪らず争いをせず、過ごすことを心がけ、お彼岸団子やおはぎをご家族で作りお供えされるのもいいですね。

そして、縁側説法があります。内容は”散華”について。
散華、ご存じですか?お彼岸の入りにいいご縁、素敵なお話を伺えそうです。ぜひ、ご参加くださいませ。
午前11時より始まります。

桃の花がほころびはじめました。





Re: お彼岸の入り、そして縁側説...   キム兄 - 2018/03/17(Sat) 21:22 No.716

身口意を慎み、貪りや争いを控えるですか....。う〜ん、さすがに難しい
事ですが、せめてお彼岸中ぐらいは「頑張りたいなぁ」と思います。(^^)
明日の縁側説法、散華のお話、興味津々です。今回も参加させていただき
ます。



穏やかな一日  投稿者: 寺内 投稿日:2018/03/15(Thu) 17:20 No.714


白装束は冥土の旅支度、またお彼岸の入りが近い事もあってか、お話タイムは和慧住職から亡くなった方々の事、亡きわんちゃん、にゃんこちゃんや動物達のお話等々、穏やかでとっても心温まる一日でした。笑顔で針仕事も進みます。遠く思いがちだけれど、すぐ傍にある来世。いつか往くところ。
そして昨日はお彼岸のお申込みとあわせ来寺され草取りをしてくださった方、また今日、縫う会に参加されお帰りのお車を待つ間、草取りをしてくださっているお姿、美しいです。

今夜から雨模様、花粉症には有り難いお湿りです。
気温の変化にご注意ください。



医食同源  投稿者: 寺内 投稿日:2018/03/14(Wed) 14:26 No.712


蓮鉢に囲まれている一鉢、これは信徒さんが入れてくださったセリです。
香りが独特で、どうしても草っぽい感覚があります。ちよっと調べてみると、この芳香にはオイゲノールという成分が含まれ、鎮静効果があるそうです。また血液の凝固予防や肝機能を強化するのに役立つようです。

病の治療も毎日の食もこの命を養うため、何ら変わりない。毎日の食事を作ってくれる家族に感謝ですね。





Re: 医食同源   寺内 - 2018/03/14(Wed) 20:57 No.713

明日は白装束お話会、縫う会です。
午前11時からです。
ご参加予定の方々、お待ちしています



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -