[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


白装束お話の会  投稿者: 役員 投稿日:2017/10/14(Sat) 12:02 No.416


明日は、白装束お話会です。準備が整いました。
参加の皆さん、お待ちしております。





Re: 白装束お話の会   役員 - 2017/10/15(Sun) 17:38 No.417


本日の白装束お話会は近隣のみならず東京、兵庫、静岡からもご参加いただきました。
午前中は白装束の意味合いや想い、和慧住職ならではのお話もあり、お昼時間を超過。
午後からは白衣の裁断、縫いを教えていただけるということで、僅かなお昼休憩で
午後の部へ突入。それぞれ進み具合は違いますが、慣れている方も、不慣れな方も針を手に真剣、一所懸命。少しひんやりの空気が熱気に包まれ、あっという間の一日でした。
ご参加の方々、お疲れ様でした。
お話会後、女性役員と事務方で会報誌「慈報」の原稿の構成を練り、印刷をお願いしました。
これから校正を繰り返し、新年の奉納御案内と共に皆さんのお手元に11月初旬にはお届けします。
表紙は秀和阿闍梨がただいますすめて下さっています、またこの度和慧住職手描きの縁起の良い挿絵も加わります。





Re: 白装束お話の会   和慧 - 2017/10/15(Sun) 20:37 No.418

ご参加の皆様、ご長座をありがとうございました。
本日、行いました手順に従い、私も縫い進めてまいりボツボツですがご参考になればと思い、少しずつ写真をアップする予定です。

まずは経帷子を仕上げましょう!
もしも、今回参加の方々で解らないよという部分がございましたら、18日の縁側説法のあとに少し予定を取りますので、どうぞ声をかけてくださいませ。

また、新たにご参加される方も先輩たちが教えてくれると思いますので、ご遠慮なくお声をかけてください。

私の縫い糸は分かり易いよう「赤糸」を使用しますが、皆さんは白糸で縫ってください。
明日も気温が低くなるとのこと、季節の変わり目です、ご自愛くださいね。
来週末頃の台風進路にも、くれぐれにも留意されますように。
                     合掌





Re: 白装束お話の会   わっこ - 2017/10/15(Sun) 23:08 No.419

白装束お話の会に参加させていただきました。
縫い物全般苦手で、途中から頭が真っ白になり、くじけそうになりましたが、頑張って自分のペースで進んでいこうと思います。
母には自分で縫ったものを着せて送り出してあげることができなかったので、今回縫い上げることができたら母に送ろうと思います。
本日はお話から縫いまで教えていただき、ありがとうございました。





Re: 白装束お話の会   ブルーバード - 2017/10/17(Tue) 11:20 No.421

白装束お話会、ありがとうございました。
人生折り返しを迎えてはいますが知らない事ばかり
深いお話とあわせて縫い方を教えていただける機会をいただき
本当にありがとうございます。
幼い頃、間違えて裏返しに服をきたとき、それは死んだ人の着方だと
母にしかられた事を思い出しました。
躾と教えに今さらながら感謝です。
真伝さんではよそでは教えてもらえないことばかり。
次回も参加します、どうぞよろしくお願いします。



秋の一日  投稿者: 松惠 投稿日:2017/10/12(Thu) 17:21 No.415


青空に誘われ、ペンを鎌に持ち替えて本堂前、住職と腕に覚えのある若者作、谷の階段周辺の草刈りをしました。
沿道の紅葉も色づき始め、秋近し。

ちょっと一服のところに、カマキリのお出まし。

時ならぬ暑さも、そよ吹く風が心地よい一日でした。



行事案内  投稿者: 役員 投稿日:2017/10/10(Tue) 11:57 No.414

来る10月15日の日曜日午前11時より、和慧住職による第三回冥途の旅支度「白装束お話会」を開催します。平等に訪れる死、その旅支度とは?どう整え、何が大切なのかは元より住職ならではのお話が満載。
いよいよ死出の旅の持ち物のお話から、装束、お布団、頭陀袋等を縫い、意味合い、準備の際の心構えを含め進んでまいります。
途中からのご参加でも構いません。
まず知り、実際に作りそして子々孫々に伝われば、死出の旅路の一助になるのではないでしょうか。
(毎月15日開催)

続いて10月18日(水)午前11時からは、縁側説法がございます。
お説法の内容は、当日のお楽しみ。
日々、ストレスや愚痴にまみれ過ごしていませんか。
お説法を聞き、リセットしてまた心丈夫でまいりましょう。
(毎月18日開催)
いずれもご参加についてまた、詳細はお寺までお電話でお問い合わせください。
   058(370)8889 午前10時から午後4時
ご参加の際は、飲み物、昼食をご用意ください。



「約束の蓮台」法要  投稿者: 役員 投稿日:2017/10/08(Sun) 22:25 No.413


秋晴れに恵まれた本日、菩提の石碑「約束の蓮台」年大祭法要を滞りなく修めさせていただきました。
生ある時、お不動様の御教えを心の拠り所として集い、
旅立ちの後には再びお不動様の元で集う事を”約束”とした菩提の石碑
一直線に見渡せる広がる空、そして四季を彩る山並み。

約束の蓮台のあたりは想いを込め供えられた花々、お供物、かざぐるま、
そして流れる読経の声で、真綿の様な優しさに包み込まれているように
感じる御回向、積善の良き秋の一日でした。



「約束の蓮台」法要  投稿者: 役員 投稿日:2017/10/07(Sat) 13:48 No.412


明日は菩提の石碑「約束の蓮台」の年に一度の法要、年大祭です。お掃除をさせていただき、準備万端。全国の皆さんよりの供花、お供物も届きはじめました。明日は晴れの予報、雨上がりの秋晴れの下、午前11時よりお勤めを行います。有縁無縁関わらず、ご参詣お待ちしております。



真伝不動明王寺オリジナルカレン...  投稿者: 役員 投稿日:2017/09/17(Sun) 00:10 No.408


来年のオリジナルカレンダーが完成しました。
真伝不動明王寺のオリジナルカレンダーは、それぞれの方のマントラに基づいて厄年、厄月が一目でわかるスゴく便利なカレンダーです。
昨年も好評で予定の数がすぐ完売するほどでした。今年も数に限りはありますが、みなさんにご案内させていただきます。お早めにお申し込みをお奨めします。

お一人様それぞれマントラに基づく厄年、厄月が異なりますので、お一人様一冊でお願いします。一冊のご志納料は、1,500円です。

お申し込みにつきましては、お申し込みされる方々の生年月日、カレンダー送付先の住所、氏名、連絡先を記入のうえ、下記の口座記号番号へご志納料をお願いします。
その際、カレンダー郵送料を一緒にお納めくださりますようお願いします。
カレンダーは、12月初旬に皆様へお送りいたします。なお、カレンダーへの印が不要の方は、備考欄に不要とお書きくださいませ。

ゆうちょ銀行
口座記号番号 00860 8 17986
加入者名 真伝不動明王寺





Re: 真伝不動明王寺オリジナルカ...   内田 - 2017/09/17(Sun) 08:03 No.409

和慧さんの縁側から飛んで来ました。昨年は売り切れで間に合わず....、見逃さないようしっかり見ていました。家族の分とお友達の分、7冊申し込みます。

早々、振り込みますので宜しくお願いします!!





Re: 真伝不動明王寺オリジナルカ...   春駒 - 2017/10/06(Fri) 20:54 No.410

オリジナルカレンダー、今からお願いしても大丈夫でしょうか。
絵がとってもかわいくて友達にも贈ります。注意する月がわかるのは
ありがたいです。





Re: 真伝不動明王寺オリジナルカ...   松惠 - 2017/10/07(Sat) 09:43 No.411

春駒さん、おはようございます。
カレンダーは絶賛頒布中です。お友達の分含め大丈夫です。
お早めにお申込みお待ちしてます。
不明な点は、お寺へお尋ねくださいませ。



妙見会  投稿者: 役員 投稿日:2017/09/02(Sat) 21:33 No.405


明日は年に1度の妙見会。
手作りの生姜糖の準備も整いました。
妙見菩薩尊像紙札授与とともに、生姜糖のお下がりをお渡しさせていただきます。
ご参詣をお待ちしております。





Re: 妙見会   役員 - 2017/09/04(Mon) 17:46 No.406


昨日、妙見会を滞りなく修めさせていただきました。近隣は元より九州、広島、関西、関東からご参詣。久しぶりにお目にかかる方々に笑顔の花が満開でした。大祭日や法要の際には、できる限り寺内で昼食(ちゅうじき)を準備します。
今年の妙見会は秀和阿闍梨が育てた黒小豆でおこわを作りました。添えた葉は縁起のいい名のお多福南天、こちらもお寺にあるものです。蓮根は先々の見通しが明るいよう、そして三種の餡の手作り団子を添えました。早朝からご来山なさる方々を思いつつ、不慣れながらも一所懸命、女性役員が和慧住職のお知恵を沢山お借りしながら準備に勤しんでいました。

妙見会での法話では、和慧住職の才太郎畑のお話や秀和阿闍梨の妙見会の始まりは、北極星がいつまでも光輝くように願うことであり、それが祈る人の延命祈願であるとか、興味深いお話をお聞きしました。
そして、お参りの後はみなさんとお食事をし、いい一日を過ごさせて頂きました。





Re: 妙見会   茶々 - 2017/09/06(Wed) 10:13 No.407

今年も妙見さんのご縁日にお参りができ、嬉しかったです。
御札は早速、自分の部屋におまつりしました。
お寺を身近に感じられて落ち着きます。
いいお話を沢山お伺いでき、そしてお昼の御接待までしてもらい、
お心遣い本当にありがとうございます。
いつも作る側なので、手をかけて作って下さったのが
伝わり、とても美味しく頂きました。
また、お参りさせていただきます。



秋行事  投稿者: 山口 投稿日:2017/08/21(Mon) 10:16 No.404


暑い日が続きますが、夏バテで体調は崩されていませんでしょうか。関東では、連日の雨で低温による気象病にかかる人がいるとか。まだまだ、過ごしやすくなるまでにはもう少し先になりますが、お寺では、妙見会、秋のお彼岸へと秋の行事が進んで行こうとしています。

9月3日は年に一度の妙見会が行われます。仏教では、妙見菩薩は「北辰妙見菩薩」と呼ばれ、この北辰とは、北極星のことで、北極星・北斗七星信仰を意味します。北天にあって動かない北極星、その傍らで北斗七星は人々の行状を監視し、その生死禍福を支配するとされています。そこから、北辰・北斗に祈れば百邪を除き、災厄を免れ福がもたらされ、長寿が得られるとの信仰が生まれました。その反面、悪行があれば寿命が縮められ、死後も地獄の責め苦から免れないとも。
「星に願いを」ということば一番似合う仏様はこの妙見菩薩様かも知れませんね。妙見会の夜、北極星を見つけて妙見さんのお姿を思い浮かべ「星に願いを」ってちょっとロマンチックじゃないですか。
当日は、手作りのショウガ糖と妙見菩薩様のお姿の紙札をお授けいたします。どうぞこの機会に妙見菩薩様とご縁結びのご参詣をお待ちいたしております。

そして、9月23日は秋の彼岸法要が行われます。皆様の積善を追善回向とし、先祖様へお届けいたしましょう。

尚、先般より念願の道場に向け、植え木の移植も終わり、山師によって伐採された大木の根を掘り整地へと進み、皆様の勧進を頂戴し見えないところほど整備しつつ、いよいよ着手する予定の目処が立ちつつあります。当初の予定より遅れておりますが、諸般の事情から規模の見直しなども含め、信徒の皆様にはご心配をおかけしております。

当地は雷や大雨の状況も続き、安全のためお不動様をお守りするべく、細かいところの補修を最優先しつつお天道様と相談しながら益々のご尽力を賜りつつ進めてまいりますので、何分にもよろしくお願い申しあげます。

進捗状況及び境内地の様子など、ブログ・慈報などにてお知らせ申し上げます。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -