[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


おはぎ  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/13(Wed) 14:46 No.1119



寒風吹く中、手作りのおはぎを手に御参拝に来られた方。
お彼岸中はお仕事のためと御来山されました。

早々、お不動様、ご当家御先祖様、三界萬霊、そして施主様お申し出の
テラちゃん達、ワンちゃん、ネコちゃん達にも。
手作りのおはぎ、優しさが伝わってきます。

お彼岸御中日の彼岸法要にはおはぎや亡き父母、御先祖様方の好物、そして御不動様にとお供物を手に御参拝。
みな、想いのこもった御品。

ただいま、承っている御回向のお灯明、お塔婆の調えをすすめています。

さてお彼岸の入りから明けまでの一週間は生きている我々が行をする期間。
本来ならば毎日が行で身と口と意を慎み過ごすのですが、なにぶん、コロコロ変わる心を持つ身。なかなか難しい。ならばせめてこの期間、心穏やかに、諍いをせず、仲睦まじく、貪らず過ごす。

その姿を御先祖様が見守ってくださる。心して過ごしたいですね。

そして御中日には残りの期間の行を頑張れる様、滋養のある小豆と餅米、白米でできたおはぎを御本尊様、御先祖様からお下がりとして頂戴します。

真伝不動明王寺では春も秋も「おはぎ」といいます。
これは佛様と自らをはぎあわせ、佛様の様な心で過ごすことから「おはぎ」と和慧住職からうかがったことがあります。

ご参拝を終えた信徒さん、少し歩きますと、山中を下るその足元は軽く清々しいお姿でした。



見上げれば  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/12(Tue) 17:52 No.1118



毎日の積み重ねで、今がある。生きている。生かされている。
今日一日、想いを抱き、心を見つめ穏やかな日でありますよう。



甘雨  投稿者: 役員 投稿日:2019/03/10(Sun) 20:27 No.1116


お昼前から降り出した雨。
この桜、去年の秋から途切れることなく咲き続けています。
下方には蓮池、近くには紅葉、春夏秋冬の移ろいを感じる場となること、違いなし。さすが和慧住職。後々まで皆が癒やされる場であるようにという想いがあるのでは・・楽しみです。

そして動物さんの約束の蓮台傍、紅白の牡丹が芽を出し始めました。
春の息吹を感じます。

さて今日は、役員と街の電気屋さんが集まり境内地整備、蓮池給排水造作、倉庫整理、本堂内お掃除に精を出し、お彼岸準備です。

前から気になっていた花粉で黄色くなったベランダの床。掃いて、拭いて。
こどもの頃やったように雑巾がけできるかな〜と思いながら重いお尻をちょいとあげてしゅーっと(気持ちだけは)とやってみました。大昔、そう、小学生の頃を思い出しながら。
ゆっくりだけど出来るものですね。手縫いの雑巾、ありがたく使わせていただきました。

本堂では日頃はできない隅々のお掃除をしてくださる方、表の倉庫整理をしている役員。
一人より二人、二人より三人・・黙々と進めている姿を垣間見るだけで頑張れる。
そんな一日です。



美濃中西部地震  投稿者: 役員 投稿日:2019/03/09(Sat) 11:05 No.1114

 
早朝、1時過ぎ美濃中西部で震度4の地震がありました。
お寺から西の揖斐郡が震源地。
私事ながら揖斐郡に近い住まいですので、結構な揺れを感じました。

阪神大震災、東日本大震災、熊本、北海道、長野、中越・・
ここ数年、全国で頻発しています。
そしてこの地域も東南海地震発生の確率が上昇し続けています。

3月11日、東日本大震災から8年を迎えます。
自分の身は自分で守るための備えを万全に、そして皆で地域を守る。
犠牲になられた方々、被災された方々、その哀しみ、苦悩を人ごととせず
教訓としなければ。。

この機に今一度、備蓄や防災用品の点検を。



寒の戻り  投稿者: 街の電気屋 投稿日:2019/03/08(Fri) 10:25 No.1111

寒の戻りで肌寒く感じる今日この頃。街には寒さを跳ね飛ばすかのように春を感じる食べ物が並び、みんなの心もウキウキしているように感じます。私の体も春仕様になったのか、目から鼻からしずくが人より過敏になっています。

お寺の水回りの工事を行ってから2回目の冬を無事に終えようとしており一安心しています。街の電気屋としても冬から春に向けてお寺の水回りのことについて相棒と計画中です。
お不動様へのお供えの水、水乞い供養のための大切な水、山には豊富に湧き出ていても敷地までくみ上げるには機械の力なくては無理です。不思議なことに機械は手入れをしなくなると感情があるかのように機嫌が悪くなります。日々の手入れの重要さを感じます。また、日々の手入れが進められるのは、みなさんの境内地整備等への御寄進のおかげと思っております。ありがとうございます。

暑さ寒さも彼岸までと言います、今が一番体調を崩しやすい季節かと思いますのでご慈愛くださいませ。また、街の電気屋としてここにおじゃましますのでよろしくお願いします。





Re: 寒の戻り   あいあい - 2019/03/08(Fri) 23:08 No.1112

電気屋さん、水の工事、いつもお疲れ様です。
機械に愛情注いでもらっているので、仏様に水をお供えできるんですね(^^) ありがとうございます。





Re: 寒の戻り   和慧 - 2019/03/09(Sat) 01:15 No.1113


一滴の水にも天地の恩徳に感謝し、一粒の米にも万人の労苦を思い、ありがたくいただきます。

寡黙な町の電気屋さんと相棒のお二人、ご本尊様はじめご先祖様、たくさんの命の源を支えてくださり感謝いたします。

当たり前でない清らかな水、多くのご参拝者より供えられる労りの水乞御回向を受けられ、魂を潤されております。

見えないところの重要なスタッフ、いつもありがとうございます。
人手が足りないとき、いつでもスタンバイできると申しております、ただし気まぐれ穴掘り専門です(笑





Re: 寒の戻り   街の電気屋 - 2019/03/09(Sat) 13:30 No.1115

あいあいさん.住職返信ありがとうございます。
あいあいさん
来週3月16日の土曜日に和慧住職主催の羽釜でご飯を炊いてご先祖様へお供えするイベントがあります。
お山の水をおいしく召し上がっていただけると思います。良かったら参加されてみてはどうですか。

テラちゃん、声をかけるので穴堀りよろしくッス。



移ろい  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/07(Thu) 13:43 No.1109


境内地では椿が鮮やかに咲いています。

こちらはお護摩修法に供えるための「樒」、白く小さい花が咲いています。

紫のとっても小さな花が地を彩り始めました。
お寺ならでは、季節の移ろいを感じます。

自然は心の大病院とは住職のお言葉、この写真は共に御薬師様のお側で撮りました。
なるほど!です。





Re: 移ろい   和慧 - 2019/03/07(Thu) 14:12 No.1110

ちいさな青い花は「オオイヌノフグリ」ですね。
可憐な花の実からつけられた植物学上の名前、オオイヌノフグリを図案化した唐草模様が天人唐草。
色合いから瑠璃唐草・星の瞳とも呼ばれております。

犬ふぐり星のまたたく如くなり   高浜虚子

暖かさと雨、山野草の成長の勢いに追われそう。。。



応援  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/06(Wed) 13:27 No.1107

今日は啓蟄 冬を地中で越した虫たちが陽気に誘われ地上へと這い出す頃。
生きとし生けるもの全てが活発に動き出す季節がやってきました。

朝から蓮池整備のため、作業を進めてくれる若者。
そのひたむきさと実直さは、変わることのない彼。
硬・軟いずれもの仕事を請け負ってくれる、力持ちです。

こちらは今回、和慧住職のお話会スタンプカードの押印が12個貯まった方へ、住職からのプレゼント。
若きクリエーターwebliさん作のオリジナル猫ちゃんステッカーです。
(ネットで入手できるそうですよ)

そしてしおりをお寺でどうぞと描いてくれた、pokapokaさんも若きクリエーター。

共に支え支えられ。夢を抱き頑張る若者達、応援してます。



急げや!急げ!  投稿者: 役員 投稿日:2019/03/04(Mon) 13:28 No.1104


昨日の桃の節句お話会は、お雛様と身代りのお話等々。
五節句にはいずれも意味があって、その習わしに必ず御供養と御祈願が込められている祝い事を行い「吉」へと導くための行事である。

神仏に願いをかけるならば、その代償が求められる、昔から人柱とか生贄とかがあったように。
その代償とは、生きている今行った積善。
願い事は必死であって命がけであるから。

いま、積む事ができる善行の大切さを語られました。

そして和慧さんの縁側ブログに書かれた長野のばぁばさん、カスパリ姉さんがご存命中に積まれた功徳を語られました。
浄財、笑顔、身をもって行う、様々な積善があり、生きている今がチャンス。
お寺は積善を施す道場である。

そのお話後、ご参加の方々は積善のご縁を頂戴し、にこやかに帰路に着かれました。

さてさて、秀和阿闍梨が植えた金柑がたわわに実っています。
今年はあたたかく、草木も生き生きとしています。
谷の枯葉を取り除き、草刈りを大急ぎで進めねばならない早春です。

積善の種がお寺には一杯ありますよ。急げや!急げ〜!
参与会員さん、信徒さん、積善をされるようでしたらあらかじめご連絡をくださいませ♪





Re: 急げや!急げ!   ブルーバード - 2019/03/04(Mon) 14:43 No.1105

昨日はありがとうございました。
お話に引き込まれ、あっという間でした。

お仏供袋を作ってくださったハレハハさんのお話も伺い、積善は
自分の為だと気づきました。ハレハハさんお仏供袋をありがとう
ございました。早速、我が家から御不動様へ朝夕お参り
させていただきお賽銭をいれています。
一杯になったら御供させていただきます。

御住職様、有難うございました。
また参加させていただきます。





Re: 急げや!急げ!   寺内 - 2019/03/05(Tue) 15:58 No.1106

ブルーバードさん、またご参加お待ちしていますね。

栃木のNさん、手縫いの雑巾届きました。有難うございます。
お仏供袋の返送用封筒、切手お預かりしました。
積善、ご苦労様です。





Re: 急げや!急げ!   ふじまる - 2019/03/07(Thu) 13:12 No.1108

『お寺は積善を施す道場』に心が止まり、色んな事を思い出しました。学生の頃読んだ本に、托鉢をされてる修行僧のおわんに浄財を入れても、修行僧は有り難うとは言わないそうで、それは施した者の功徳積みであるから、と説明されてました。また、何千年前のアガスティアの葉というインドの占いの中に、今世の災難や前世の罪の報いを消滅または軽減する方法が書かれていて、それはどこそこの指定されたお寺へのお参りや、お布施浄財、子供達100人に食べ物を施すとか、新婚夫婦に着物を贈るとか、今世の災いや前世の報いを積善功徳を積む事により軽減するプログラムが書かれているということでした。『お寺は積善を施す道場』の言葉から次々色んな昔知ってた事を連想の様に思い出したんで、書き込みしてしまいました。自分の業を積善により自分でどうにでもできるチャンスを今頂いてる事を忘れずに実践!です!





Re: 急げや!急げ!   役員 - 2019/03/10(Sun) 22:01 No.1117

ふじまるさん、お元気ですか。返信ありがとうございます。
併せて色々、教えてくださり有り難うございます。
積善、見返りを求めない、同じ事をするにしても心持ちの大切さを
感じます。そうですね、知ったら実践。

またご一緒にお参りさせていただきたいです。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -