[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


いち、に、いち、に  投稿者: 事務方 投稿日:2021/05/12(Wed) 15:24 No.1973


座って動くことが少なく、体が固まりがち

そんな時、両手を水平に開いて閉じていち、に、いち、に

腕の屈伸、いち、に、いち、に

無理せず、負担のない回数を毎日しています

手元にペットボトルがあれば両手に持っていち、に、いち、に

実は、これは過日のお勤め後の歓談の際、皆さんと一緒に住職に教えていただいたこと

ちょっと体をほぐすだけで、気分もすっきりです

無理ない程の2〜3回のマイペース

大きく深呼吸をして気分転換

紅葉が青々と季節の移ろいを感じます。

旬のものをいただいて、体を休め、免疫を高めて

日々、心丈夫でありますように。



備え  投稿者: 事務方 投稿日:2021/05/10(Mon) 17:47 No.1972


昨年の今頃、コロナ禍で全国的な緊急事態宣言が発出され、マスクやテイッシュ、紙製品がことごとく不足しました

その時、和慧住職の手元に届く大量のマスクにどうして?と驚愕したことが思い起こされます

そしてそれを信徒方々はじめ医療関係者、各施設へ、昼夜なくお一人で梱包送付されました

後に伺ったところ、必要になると思ったから・・とのことでした。
しかもあの事態となる数か月前に。

これは常の事で、住職が求めた防災用品や保存食、はては紙製品等々が届き始めるとそれが必要になるんですね。

全国の信徒方、縁者の方々を案じてのこと。

さて今年は去年と異なり、スーパーの人出は通常と変わりなく、不安を感じます。

不要不急の外出を控えるため、また防災にも欠かせない紙製品など日用品、水、缶詰、乾物、野菜のフリーズドライしたもの等を備えましょう

これは近頃、住職がなされていること、そして語られる事。

生き抜くために、智恵と経験そして備えを。
御不動様のもとで皆さまを案じ、祈ってくださる。どうぞ心丈夫で頑張りましょう。

仰いだ空、みんなつながっている



母の日  投稿者: 役員 投稿日:2021/05/09(Sun) 16:47 No.1970



感謝の気持ち、話したいこと、思い出・・・
想いを記されたメッセージカード。
お花やお灯明と共に、愛しい方々に供えさせていただきました。



また、約束の蓮台に入られたお母様へと供えられた百合の花。
お気持ちのように、温かでやさしい花色です。

旅立った方々へも想いを寄せる当寺の母の日。
あたたかな気持ち溢れる1日でした。



笑み  投稿者: 事務方 投稿日:2021/05/09(Sun) 09:30 No.1968


笑うことは免疫を高め、リラックス効果もあるんですね

笑の漢字の成り立ちをしらべてみると

巫女が両手をあげ、身をくねらせて舞いおどる形。神に訴えようとするとき、笑いながらおどり、神を楽しませようとする様子を笑といい、“わらう、ほほえむ” の意味となる
                白川静「常用字解」より

赤ちゃんがにこっとする、また愛らしい動物たちの姿
それを見ると、おのずと笑みがこぼれる

そんな時が一日のうちにたくさん、ありますように。
[管理者修正]





Re: 笑み   和慧 - 2021/05/09(Sun) 13:40 No.1969


一説に、竹垣からひょいと顔を出した犬の姿を見て、とても可愛らしく皆が喜んだことから、竹冠に犬で「笑う」になったとも耳にいたしました。



備え  投稿者: 役員 投稿日:2021/05/07(Fri) 21:34 No.1967



ホームセンターへ買い物に行ったら防災食のコーナーを発見。
水で戻すおにぎりやごはん、長期保存できるマフィンにパンなど種類の多さに驚きました。
和慧住職のブログでも折に触れ、防災準備について教えて下さっているので、準備のひとつとして用意しました。

また、葉ものなど新鮮な野菜を避難時にもいただけるよう、再生栽培も始めてみようと思っています。
大根や人参の再生栽培は知られていますが、キャベツやレタスの芯でもできるようです。

いろんなことに広く対応できる準備を心がけたいと思うこの頃です。



たたずまい  投稿者: 寺内 投稿日:2021/05/06(Thu) 14:01 No.1966


皆それぞれが放つ、たたずまい

経験や感情に彩られて醸し出す雰囲気がある

毎日が修行、心の中にいる仏と鬼

主は自分 

紫陽花が青空のもと、美しい本日です



端午の節句  投稿者: 役員 投稿日:2021/05/05(Wed) 20:03 No.1965


今日は5月5日、端午の節句です。

今ではこどもの日ですが、日本には五節句として中国から伝わったと和慧住職の縁側説法で聞きました。

中国の高名の詩人、屈原が不本意な死をとげた5月5日を人々は悲しみ、供養した行事が始まりだそうです。そして、季節の変わり目にあたるこの時期を菖蒲、よもぎで邪気を払い無病息災を願ったとのこと。

端午の節句には、屈原の供養と邪気を払う日として大切にされてきたのでしょうね。

コロナウイルスに感染しないためにも菖蒲湯につかり邪気を払い、血行を良くし免疫力を高めておきましょう。
[管理者修正]



思いやり  投稿者: 事務方 投稿日:2021/05/04(Tue) 20:31 No.1964


晴れ渡った連休終盤
自粛が叫ばれるも人出はおさまらず

必死にコロナウイルスの最前線で闘う医療従事者の方々
その方々が身内であっても快楽に耽るのだろうか

自ら進んで行いを正し、慎むことを自粛という
ストレスに勝てずして、コロナから身を守れるのだろうか
自分の身は、自分で!

明日は天の気のお計らい、雨模様

連休明けにこの間の行動があらわれる

生きるのは自ら、そして後押しをしてくださるのが神仏

常日頃、住職が語られること、自らの人生を生き抜かねば。

オオデマリの純白の花がお薬師様のお膝元で咲いています
[管理者修正]



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -