[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


十三佛を巡りましょう(3)   投稿者: 事務方 投稿日:2021/06/02(Wed) 21:20 No.1995


四番目、五番目、六番目の佛様

第四番目は

◎ 普賢菩薩 (四七日)

ご真言

おん さんまや さとばん

象に乗る御姿がよく見られます
十の大願を立て、積んだ功徳をことごとく衆生に回向せんと寄り添ってくださる 慈悲の佛

また冥土の旅路では生前に犯した身と口の七罪を記録し閻魔様にお伝えするお役目をお持ちとか。

☆ 象といえば
真伝不動明王寺の交通安全ステッカーには象が描かれています。
象は普賢菩薩の乗り物、その乗り物を車としたら、乗る方は仏様!
無謀、危険な運転などはいたしません。
安全運転でまいります。
それでも不慮の事が起きたときは、どうぞお守りくださいと戒めと願いが込められています。

第五番目

◎ 地蔵菩薩(五七日)

ご真言

おん かかかび さんまえい そわか

頭を丸め、袈裟を纏った僧形で路傍や辻のお堂にお祀りされる事が多く、とても身近です
御地蔵様の誓願は一切の衆生を仏道に導かないうちは、菩薩のままで、三世で迷える衆生が一人でもいたならば、いかなる処へも行き、救済をしてくださる。
そして衆生の苦しみをも代って受けて下さる、慈悲深い代受苦の佛
  
冥土においては三十五日目

ちょうど、閻魔様のところにたどり着き、生前の善悪の業が浄玻璃の鏡に写し出され、六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)への道が決まる審判の時
その傍らにお立ちになるお地蔵様
亡者の生前の善行を証し、慈しみを与えて下さる一方では古くから、閻魔様とお地蔵様は同体と考えられており、現世、来世共に衆生を救わんがため、奔走されるお姿を感じます
特に、地獄、餓鬼道において、救済の手を伸べられます

☆ 当寺のお地蔵様は厄受け地蔵菩薩
愛らしいお顔立ちで供えていただいたよだれかけ、袈裟をおつけになっておられます
その御手は合掌
拝む私達を拝んで下さっています
代受苦、そのままに時にお顔に傷や腫れ、また足もむくんだように、石仏ですので考えられないことですが、あるんです。
そういうときは、何事もなければいいがと案ずる住職
後に転んだけれど大きな怪我にならずにすみましたとの報せが届き、安堵。
苦と共に厄を受け、身代りをしてくださる厄受け地蔵菩薩
どうぞお参りの際にはお顔をしっかりと拝してくださいませ。
そこに映る御姿はご自身の心模様と伺います
  
第六番目

◎ 弥勒菩薩(六七日) 
    
ご真言

おん まいたれいや そわか 

弥勒とは慈しみ深いという意味を含み、お釈迦様入滅の後、56億7千万年後にこの世に現れ、衆生を教化されるとされています
弥勒菩薩の気の遠くなるような思惟の姿を思う時、仏道が生きる上でどれほどの救いであるか、一方で人の心、自らの心の弱さを感じずにはいられません
それでも諦めることなく救いの手をさしのべてくださる。
心強いです。

冥土では六七日を司る佛
五七日、お地蔵様の処で決められた六道の中で亡者の行く道が決まり進む道、不安と悔いてもどうしようもない生き様
その道中に寄り添い励ましてくれるように感じるのです

現世と来世は合わせ鏡の様、今の生き方が冥土の道を決めていくとなれば、仏縁は嬉しく、しかし実践しなければ無となる。
生きている今がチャンス!失敗してもやり直し、変えることが
できる生き様。

☆縁側説法、五節供お話会など、折々に語られる住職のお話
その柱はすべて”生きる”そして”どう生きるか”である事を十三佛を巡るとき、あらためて突きつけられた想いがします
[管理者修正]



十三佛を巡りましょう(2)  投稿者: 役員 投稿日:2021/06/01(Tue) 22:14 No.1992

今日は第二番目と第三番目の佛様です。

第二番目
釈迦如来(二七日)

ご真言

のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

釈迦如来さま
インドでお生まれになった仏教の開祖で、お釈迦様とも呼ばれている佛様。
菩提樹の下で悟りの境地に達せられたことは広く知られています。
以前にお寺で秀和阿闍梨よりお釈迦様が最期に説かれた教え、仏遺教経について教えていただきました。
その中に、「私は病を知り薬を処方する医者のようなものです。しかし薬が飲まれるか飲まれないかは医師の過失ではありません」というお釈迦様のお話が出てきます。
いくら教えという薬を処方されても、自分で考えて実践(飲む)しないことには苦しみに効かない。
救いの鍵は自分自身の手の中にあるのだと、気付かせていただきました。

冥土の旅路も二七日となり、これからの道がどのようになるのかまだまだ不安でいっぱい。
お釈迦様は今生にて、相手に応じ、ふさわしい手段で説法をされておられました。
わかりやすいお言葉で救いとなる法を説いてくださいます。

第三番目
文殊菩薩(三七日)

ご真言

おん あらはしゃ のう

三人寄れば文殊の知恵ということわざがあるように、文殊菩薩さまは智慧を与えてくださる佛様。
お寺の団参で参拝させていただいた西大寺に祀られている文殊菩薩様、獅子の上に座っておられました。
智慧とは物事を正しく見極める力のこと。
獅子に乗る文殊菩薩様、素早く、そして力強く、智慧を私たちに説いてくださるようで、とても心強い思いを抱いたことが思い出されます。

さて、冥土の旅路も三七日目。
お釈迦様に説いていただいた法を実践しつつも、まだ迷いがあるやもしれません。
文殊菩薩様が足りない智慧を説いてくださり、次の旅路が心配なきよう、送り出してくださいます。



十三佛様を巡りましょう(1)  投稿者: 事務方 投稿日:2021/05/31(Mon) 15:52 No.1991


十三佛さんてどんな仏様、真伝不動明王寺で教えていただいたことを含め巡ります ※複数の書き手で進めてまいります

( )内は各御仏が司る御回向の回忌

今回はその第一番目
不動明王 (初七日)
ご真言
のうまくさんまんだ
ばざら だん せんだ 
まかろしゃだ そわたや 
うんたらた かんまん

座像、立像とありますが、真伝不動明王寺のお不動様は立ち姿
お顔は忿怒の相、両眼はカっと見開き全てを見通す
煩悩にまみれ弱い心を叱る一方で降りかかる災難や病をスパっと
断ち切ってくださる。
ただ、願えば叶うではあらず、自らの生き様を正してこそのご法力
怒りの中にあるのは慈しみ、そして願ったならばきちんと御礼のご挨拶。
人と人の間柄がそうであれば、神仏に対してはなおさらのこと
畏敬の念を忘れずに。
真伝不動明王寺の毎月二十八日のお護摩修法は、ひと月間の自らの
身と口と心で造った諸々の業、悪さをしたり、ねたんだりあるいは暴言を吐いたり、身に覚えがある様々な業を阿闍梨様の修法によりお不動様に焼き払っていただく。

そして新たな月を清い心で過ごすことを自らが決意する、力強く高く立ち昇るお護摩の火焔に自らを戒め、身が引き締まる想いがします。
 
一方で初七日護るは不動明王とあるがごとく、旅立った者にはこれから進む道の覚悟を知らしめ、残され、悲しみに打ちひしがれる者に冥土の旅を進もうとする亡者の足を留めることなく感謝と慈しみを手向ける様に諭すお不動様。

初七日まではとても大切な期間、その間に遺産のもめ事あるいは亡者への暴言などはその魂を傷つけ、鞭打つこと。
決してすべきではないと、教えていただいています。

生まれたら必ず死ぬ。その死ぬまでの間は自由、しかし死してからは自らの生きざまの旅路、その道を変えることはできず、ただ、和らげることができるのは回向をしてくださる家族、あるいは知人、他人でも心を寄せて下さる方がいるか否か、それは亡き人の生き方にあり。

いずれ逝く道。そのことをしかと肝に銘じて生きろと教えて下さるのが第一番のお不動様だと思うのです

☆十三佛様には深い深い願いと意味があり、その一端に触れ心に
 留め置いてくだされば、何よりです
[管理者修正]



薬師如来様への献灯  投稿者: 寺内 投稿日:2021/05/29(Sat) 21:27 No.1990


新型コロナワクチン接種が本格的に始まり、いよいよ私の両親にも来月順番が回ってきます。
このワクチン接種で、感染のリスクが抑えられ、しいては新型コロナ終息へのきっかけになることを願っております。
とは言え、やっぱりワクチン接種への不安がある両親。
ワクチン接種後に発熱や気だるさが出る人もいると聞くと不安です。

信徒の方でお薬師様へワクチン接種で大事無いようにと献灯をお願いする方々もおられ、両親も接種後の体の負担もなきよう、お薬師様献灯をお願いしてまいりました。
その灯りがお薬師様に届き見守ってくださる、心強い思いです。
[管理者修正]



十三仏様へ感謝のお塔婆  投稿者: 寺内 投稿日:2021/05/25(Tue) 18:38 No.1988


数多の仏様の中で古くから信仰されている十三仏様

生きる私たちをそのお働きで導き救わんと支えて下さり、

また冥土の旅路をゆく亡き方々には初七日から三十三回忌まで

回忌毎にお護りくださる、今生、来世共にご縁の深い仏様

以前に団参で信徒方と共にご先祖様方のご回向、自らの行として京都十三仏様をお参りさせていただきました。有難くそして身近な仏様

和慧住職が長きにわたり、十三仏様へ私達に代わり感謝のお塔婆を毎年、芒種(二十四節季、種を蒔く時期)の日からお供えくださっていたことを知ったのは昨年の春のこと

住職の想いが有難く、昨年からは願主自らが積善として十三仏様へ感謝の種まきをなされます様、ご案内をしています

祈り願う前にまず、感謝あり・・・今生、来世においてご縁の深い仏様へ善の種まきをご一緒にいかがでしょう。

十三佛様の
その一番はお不動様
  二番、 釈迦如来
  三番  文殊菩薩
  四番  普賢菩薩
  五番  地蔵菩薩
  六番  弥勒菩薩
  七番  薬師如来
  八番  観世音菩薩
  九番  勢至菩薩
  十番  阿弥陀如来
  十一番 阿しゅく如来
  十二番 大日如来
  十三番 虚空蔵菩薩

十三枚のお塔婆に御名を記し、願主様のお名前と共に第1番の仏様、当寺のお不動様の御前に今年の芒種、六月五日より二十五日間、お供えさせていただきます

 ご志納料 一万三千円(1組)
 ご先祖様へ感謝のお塔婆、合わせて承ります 1枚 千円
 
願主名をお書きの上、ご志納料と共に現金書留、郵便振込(通信欄     
に十三佛塔婆と願主様お名前を明記)にて承っております
    
ゆうちょ振替口座 00860-8-17986

お申し込みの後、お塔婆に御仏の御名をお書きしてまいります。どうぞお早めに。
  ※なお、感謝のお塔婆は芒種以降でも承ります。
[管理者修正]



一緒に  投稿者: 役員 投稿日:2021/05/24(Mon) 21:38 No.1987


例年よりずいぶん早く梅雨入りした東海地方ですが、ここ数日、梅雨の晴れ間が広がりました。

明後日26日は今年最大の満月、スーパームーンで、皆既月食でもあります。
天気が良ければ、赤みを帯びた大きな月を見ることができそうです。

当寺の約束の蓮台から見る満月、谷間から徐々に上がる大きな月は時が経つのを忘れるほど美しいことでしょう。
きっと蓮台の皆さん、一緒にお月見されるんでしょうね。

離れていても見上げる月は同じ。
天気が良ければ、それぞれの場所で一緒に満月を愛でたいですね。



梅雨の晴れ間  投稿者: 町の水道屋 投稿日:2021/05/23(Sun) 12:51 No.1986


今日は梅雨の中休み、日向では汗ばむくらいの良い天気です。
自粛生活のマスク着用が段々と辛くなる季節が近づいてきています。

早く緊急事態宣言を解除させるためにも
今しばらくステイホームで感染拡大防止に努めましょう。



雨の合間に急ぎ  投稿者: 事務方 投稿日:2021/05/22(Sat) 15:22 No.1985


昨日の豪雨での被害が各地で出ました
大事ございませんでしたか

住職の縁側ブログを見れば防災用品の数々

早速、朝から自宅の内外の備蓄品チェックをしています
いろんなことを教えていただきました

内外に準備するのは、家に入ることができない状況を考えて・・と
住職が以前から語られている事。

年寄りがいるので、体拭き、肌着、紙パンツ等々、水玉の風呂敷は、超撥水、水を運べます。が、通気性がいいので触ると漏れますが雨しのぎになりそう。

白い箱は、防臭のごみ袋
外のケースの中はブルーシート、ロープ、カセットコンロ、傷薬他
缶詰や防災食は家の内外に。お砂糖、塩は必需品

木などにブルーシートとロープで個室をつくり着替え場にしたり、また、穴を掘って用足しに設える用にと住職のお知恵
防臭の袋は使えそう。

マスクや除菌シート類を追加

大物はポップアップテント
直径1mくらいに収まる簡単に立てられるものの収納方法がよくわからない。
購入時、お寺で開いてみたものの片づける方法が不明で、やっとのことで持ち主がいない間に皆さんが収納してくれた一品。
これは避難所か、自宅の狭い庭で使えればいいほう。
そろそろ、若い者に手渡そうかと思案中

住職の強い思い、不測の時、一番の心丈夫は自然の、或いはまわりのものを活用してどう生き延びるかの智恵であるからこそ、楽しみながらその知恵が身につくようにと教えて下さる、メステインを使った料理、火のおこしかたの方法、ビニール袋を使った料理、アルミ缶と牛乳パックを燃料にサバ飯、テントでお月見、すべてがみんなで力を合わせ生き抜く、命を守るため。

そんなことを想いつつ、雨の気配を感じてきましたので今日はこれで終了します



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -