[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


新元号  投稿者: 役員 投稿日:2019/04/01(Mon) 23:08 No.1138

4月1日、新元号が「令和」(れいわ)がお披露目されました。
昭和から平成に元号が変わった時、昭和天皇の崩御によるものでしたがこの度は退位されてのこと。
昭和までは勅定だったのが、法律が変わり政府が元号を決めることに。
平成となり、そしてこの度の令和。

馴染んだ昭和から平成に少しばかり淋しさととまどいを感じたのは、もはや31年前。
いよいよ5月1日からは令和元年です。
あらたな日本丸の船出準備です。



インドの・・・  投稿者: 役員 投稿日:2019/03/31(Sun) 21:49 No.1137


和慧さんの縁側ブログで目にしたワイヤー状のもの。手に取って見せてもらいました。あら、不思議!いろんな形に変わります。お釈迦様の誕生の地、インドの玩具だそうです。
作ってみたいとの声が上がり、講師 和慧住職より教えて頂けるお時間を頂戴しました。是非この機会に、あれこれ使えそうな不思議な玩具を作ってみませんか。参加ご希望の方はお寺までご連絡下さい。

日時:5月4日午前10時より (2時間程度)
参加費:5000円(材料費込)
持ち物:ラジオペンチ(無ければ申し出下さい)

山中ゆえ、昼食・飲み物をご持参下さいませ。



雨音  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/30(Sat) 16:31 No.1136



降り出した雨。静かなお寺にただ雨音だけが聞こえてきます。
少し肌寒さを感じる今日です。皆さんのところはどんなお天気でしょう。
北から南まで移ろう季節が異なり、日本は狭いけれど広く遠いお互いの地。
そこそこで表情が違う空。だけど繋がっている。

さてお寺は町より少し高い場所なので桜は二分から三分咲き。
早いところでは七分咲きや満開の桜も見られます。
桜咲く中、新入学、入社式。なにか心が忙しいですね。
新元号の発表も目前。

寒暖差が一層激しく体調を崩しやすい頃、そして自然のパワーに圧倒されない様、旬のものを頂戴し心身を整えてまいりましょう。



春陽  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/27(Wed) 12:58 No.1135


うっすら霞がかかった様な春の空。
寺標前の芝桜が咲き始めました。境内地を散策すると、椿、水仙、桃、アーモンドの花が真っ盛り。季節が混在しています。

そして遠く山の彼方から「ホーホケキョ」春告鳥、うぐいすの鳴き声が聞こえます。
秋から冬はチャッチャと鳴くそうで、早春にホーホケキョと鳴くことから春告鳥。
お寺では蝉が鳴く頃にもその鳴き声を耳にします。
ただ近くで聞こえていても姿を目にした事はないけれど、季節や自然を味わっています。

明日は不動会護摩供、物事の変化の多い時期、季節の変わり目でもありちよっと疲れた心と体を休めに御参拝お待ちしています。



活気  投稿者: 事務方 投稿日:2019/03/26(Tue) 14:43 No.1133



今日は午前中、所用をすませるため平日の街中を行ったり来たりしてきました。
春休みや陽気のせいもあり、活気づいています。

お寺に戻るとほんとに、ほんとに「ホッ!!」
雨が降っても風が吹いても暑くても寒くても、お寺はいいです。

こちらは寺標、厄受け地蔵様石堂、龍口、約束の蓮台とお寺とご縁の深い岡崎の田村石材さんがお彼岸法要に御参拝された際に納めて下さった「鳥」
石なんですが表情が愛らしく、カメラ目線しています。





Re: 活気   和慧 - 2019/03/26(Tue) 20:18 No.1134

匠が展示会で出された作品と伺いました。

黒い目はオニキス、魔除けになるとされる石のひとつですね。

田村さんの作品は優しく、手にすると暖かさが伝わります。

動物のうてなのテラ、ニャンコさん、鳥、フクロウや龍口も田村さんが丹精を込めてくださいました。

おもかる石へ手を添えたとき、スッと心が馴染み田村さんのお人柄を感じさせていただきました。

しあわせの小鳥さん、テラ地蔵さんのそばへ置かせていただきます、遠慮なく撫でてください、小鳥を両手で包んでみてくださいね。

お写経の際、用紙抑えとしてご使用していただいてもかまいません。



新旧交代  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/25(Mon) 12:17 No.1130


年度末と新元号の発表がまもなくです。
昭和から平成に元号が変わったあの時とはまた違い、事前に発表されるとのこと。毎日が歴史を刻む時ですね。
野球界では大スター「イチロー」が引退、記憶に残る選手がこの時に現役を退きます。まさに終わりと始まり。

そして卒業、新入学、定年、新社会人。新旧交代がめまぐるしい時期です。
旧がなければ新はなく、新がなければ旧とはならず。
上手にこの時節を迎え前に進みたいところですね。

動物約束の蓮台のワンちゃん、暖かいストールから春色のスカーフに変わりました。にこにこ笑顔に見えます。

気温差が激しいこの頃、自然に添って生きましょうね。



  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/23(Sat) 19:35 No.1129



いつの間にか桃の花が咲いていました。
昨日までの暖かさと打って変わっての花冷えの今日です。
ほころんだ桜もちょっと一息ですね。

さて4月7日は旧暦の3月3日、この日は穢れをとる日でもあり、そして、当寺ではお釈迦様のお誕生日の4月8日、お花まつりにむけて調えをする日、お花、御灯明の御供承っています。

御来山おまちしています。



平成最後の法要 春彼岸  投稿者: 役員 投稿日:2019/03/22(Fri) 14:39 No.1127


昨日は、お彼岸のお中日でした。
お寺でも平成最後の法要、春彼岸が行われました。
雨の中、多くの信徒の方がお参りに来られました。
内陣には、みなさんのご先祖様へのお灯明、お花でいっぱいでした。
また、お施餓鬼壇には水乞い供養のお水があげられました。
各家のご先祖様の喜んでおられることかと思います。

今回の住職の法話でご先祖様は風のような存在であると。風は見ることはできないけど、感じるまたは何かを介して見ることができる。これは、ご先祖様の存在と似ている。

風を認識するには、木々が揺れる姿、海の白波が立っている状況、扉の隙間からの音や扉が揺れる音など人それぞれ風の姿は見たことが無くても風を感じてはいると思います。

ご先祖様も同じように無くなられてから姿は見たことが無いけれども瞼を閉じると生前の姿が思い出されたり、仏壇へお参りしているとき遺影の写真を見た時、お墓で生前の名前を見た時など、人それぞれ無き人を思い出す瞬間があるのではないでしょうか。

まだお彼岸明けまで幾日かがあります。普段よりもご先祖様のことをたくさん思い出し、自らも仏になりご回向をさせていただいてはどうでしょうか。





Re: 平成最後の法要 春彼岸   ミッチー - 2019/03/22(Fri) 21:47 No.1128

御中日にお参りのご縁を久しぶりにいただきました。
お寺さんが綺麗に整備されて清々しい気持ちでした。
ご挨拶をせずに失礼しましたが、昔とずいぶんと
変わっていたのでとまどいましたが、お参りできて
懐かしく嬉しかったです

14日のお経を読む会のご案内を聞いてぜひうかがいたいと
思っていますが・・時間のやりくりをしています。
そして7日のお花まつりには行けませんがお花と灯福を
御願いしたいので電話でご連絡します。
ご供養のお経さんを真伝さんであげさせてもらって本当に
嬉しかったです。ありがとうございました。





Re: 平成最後の法要 春彼岸   寺内 - 2019/03/26(Tue) 13:53 No.1132

ミッチーさん、御彼岸に御参拝お疲れ様でした。

何年、間があっても御不動様をお参りしたいお気持ちが
あれば、どうぞまた御参拝くださいませ。
ご縁をお待ちしています。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -