[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


一文字一文字  投稿者: 役員 投稿日:2021/06/23(Wed) 21:11 No.2018



先日より、十三佛写経を始めました。
一文字一文字 想いを込めて書き写していると自然とこころが静まってきます。
届けたい人のありし日を思い出しながら、また、これからの旅路の無事を願い、穏やかな時間を過ごさせていただいています。
さぁ今宵も、ご縁の仏様に一文字ずつ感謝の気持ちを込めて。



お陰様  投稿者: 事務方 投稿日:2021/06/21(Mon) 19:03 No.2017


私事ながら今日はお休みをいただいて、老母の2回目のワクチン接種と私の1回目の接種を無事、終えました。

当初、高齢の母は接種しないと決め、かかりつけ医にも相談しない状況でした。

受けない意思表示を尊重するものの一度はかかりつけ医に聞いてみることになり、大丈夫!の言葉に心が動くものの流れるニュースに不安が募り、ゆれる心模様

お薬師様へ無事、接種が受けられ大事なく済むよう、接種の日にお灯明をお供えさせてもらうからと話した途端、安心したようで接種の予約を早くと、こちらがせかされるほどの変わりようにびっくり。

予約1回目は5月31日、奇しくも父の祥月命日でした。そして今日はお大師様のご縁日。母の生まれは3月21日。

お不動様に揺れる心を支えていただき、お薬師様が見守ってくださり、お大師様に導かれ、亡父に寄り添われ、齢90を過ぎた母、神仏のご加護がどれほど心丈夫であるかを目の当たりにし、お寺に方向に向かい、遥拝させていただきました。

和慧住職、秀和阿闍梨にご配慮いただき、母の副反応の様子をみる時間まで頂戴しました。
今夜から明日1日、気を抜くことなく見守りたいと思っています。

本当にありがとうございます。

"お願いをしたら礼を尽くす"を怠ることなく。

お陰様の1日でした。
[管理者修正]



父の日に思う  投稿者: 役員 投稿日:2021/06/20(Sun) 22:12 No.2016


梅雨の晴れ間が広がった今日。
父の日に寄せられたメッセージを添え、たくさんの供花とお灯明が亡き方々に届けられました。
それぞれ歩んできた道は違えど、こうして今の自分がいることへの感謝の気持ちを伝えたい。
その想いはみな同じ。
そして、いくつかのおかげさまが重なり、このようにさせていただけたことにも感謝を忘れてはいけないと思う父の日でした。



原稿  投稿者: 町の水道屋 投稿日:2021/06/18(Fri) 18:16 No.2015


慈報の原稿を書いています。

ブログで文章を書く機会をたくさんいただいておりますが、
なかなか苦手とする文章。さてどう克服しようかと。

学生時代の教科書を押し入れから探し出しました。

お寺=道場。苦手を克服する機会をいただいたと思って、ただいま精進中です。



今日の空  投稿者: 事務方 投稿日:2021/06/17(Thu) 21:02 No.2014


青い空、白い雲、時折、吹く爽やかな風に大のぼりがたなびく

令和3年の前半が過ぎようとしている
[管理者修正]



手順  投稿者: 事務方 投稿日:2021/06/16(Wed) 14:51 No.2013


或る時の事、お会いしたことがない方とのやり取り

一枚の紙に書かれた飲み物の作り方

言葉を交わすことができない状況でした

それは飲んだことがないけれど材料を見れば、おおよその想像がつくものの、分量までは書かれませんでした

無言で、急ぎそれを作るように促される

別室へ行き3種類の材料を探し大急ぎで作り、お持ちしたときの落胆の表情を忘れることができません

その時、はっと気づかされました

入れ物が描かれ、その次に入れるもの、次にとその手順を見てたはず

だけれど、実際はこれ入れて、あれ入れて。。。

出来たものは同じでも手順が違い、そして丁寧さがなかった事、

血の気が引いたことを忘れられません

誰に責められるわけでもない、自らの足りなさ、出来上がったところだけが記憶に残り、肝心なところがわかっていなかった。

もう20年以上前の事、それは教訓となっています

今でもどんなことでも意識しなければ、ただ見るだけで終わる。
興味を持つことで、もっと広がることがある

天候の急変が激しい昨今です。
風雨、雷対策、停電対策を心がけてまいりましょう

※お願い
お不動様、諸佛様へ、またご回向のお供えが都度にお寺に届きます。
ご意向に従い、お気持ちと共にお供え等をさせていただくのですが、昨今の事、ネット通販で直接届く場合、ご依頼主様のお名前ではなく
発送元の社名が入る場合がございます。
ご意向に添ってさせていただきますので、まずはご依頼主様のお名前の明記をご依頼くださいませ。
また、その御品がお供物か、あるいはお接待かがわかりかねる場合があり、できましたら送り状欄にご意向をお書きいただくようご依頼なさるか、あるいはあらかじめご一報いただけらばと思います

随分前、信徒の方がお供えされた白い紫陽花。真っ白がやがて薄い青色に色を変えていきます
境内地の種々ある紫陽花の中で、一番最初に地植えされたもの今年も美しく咲いています
   
[管理者修正]



感謝  投稿者: 事務方 投稿日:2021/06/14(Mon) 14:44 No.2012


昨日の夕刻、南花壇に居たところへお散歩途中のご婦人とご挨拶

いつもとっても綺麗になさっていて、お散歩していて気持ちがいいわ〜、ほんとに気持ちがいいとお声をかけてくださいました

写真は道路から見た南側花壇のただいまの様子です

こうして嬉しい言葉をいただけるのは遠近に関わらず、御不動様の為、整備の為にと物心共の御力添えを
くださる信徒方、皆様があってこそ
そして心強い通称サムさんの協力をいただいているお陰様

御不動様、御地蔵様、御薬師様が鎮座なさる場を美しく、これからの季節を追いかけて、日々、わずかな時でも執務と兼ね合わせて進めてまいります。
  
梅雨の時期、お身体を労り心丈夫で過ごされます様
お不動様の元にてご祈念いたしております
[管理者修正]



想いを込めて  投稿者: 役員 投稿日:2021/06/12(Sat) 21:59 No.2010



14年前、お寺で6月6日の手習いとして、梵網經盧遮那佛説菩薩心地法門品第十という仏教経典の写経を始め、地蔵盆に於いて、お寺に一冊納めさせていただきました。
私事ですが、当時、健在だった母と一緒に写経を始めました。
母が納めさせていただいた経本は、今も参拝者の方が読経のとき、手に取っていただける。

時が流れ、今や冥土の旅を続ける母。
十三佛様に順にお守りいただき、今は大日如来様の元へ一歩ずつ進んでいるところ。

ここまでお守りいただいた十一番目までの佛様への感謝と、まだ続く旅路が無事であるよう願い、十三佛写経を納めさせていただこう。
今生で見送る者ができることのひとつ。
それぞれの佛様へ一文字一文字、気持ちを込めて。


ヒデボウさん、御先祖様への感謝の塔婆、お納めさせていただきました。
瑠璃光院傍、階段修復工事への御喜捨承りました。
御参拝の皆様が、ご安心してお参りしていただけますよう、今月末から始まります。

千葉の飛行機好きさん、十三仏塔婆に御先祖様への感謝の塔婆、お納めさせていただきました。
御不動様へ御礼のお供物、御奉納承りました。





Re: 想いを込めて   寺内 - 2021/06/13(Sun) 12:27 No.2011


ヒデボウさん、お母様へお供えしていただいた紫陽花
今、また涼やかに咲いていますよ。

千葉の飛行機好きさん、お元気そうでなによりです
未だコロナ感染状況が落ち着きませんので、その状況を
みながら、またお参りなされるご縁をお待ちくださいませね
御不動様、お地蔵様へお気持ちを添え、本尊献灯、守馬、
添え護摩木祈願をさせていただきます。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -