[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


甘露のしずく  投稿者: 寺内 投稿日:2019/04/08(Mon) 19:06 No.1145



華やかに青空の元、お釈迦様のお誕生日を祝う「お花まつり」
皆様からの供花で彩られ、美しく清らかです。
赤い金襴と黄色の金襴は信徒の2家族が手縫いをしてくださいました。
お釈迦様の尊像もお寺に納められた像。

積善の賜物です。
昨日4月7日は旧暦の3月3日、穢れを払う佳き日。
そして4月8日が灌仏会。
お釈迦様のお生まれになった時に甘露のしずくがおちたことから「甘茶」をかけてお祝いさせていただきました。
特に今日は一年前、瑠璃光院落慶法要と御薬師様を開眼、奉安されためでたき日。
一層、甘露、甘露の甘茶です。

さてお釈迦様が七歩歩んで「天上天下唯我独尊「と仰った、そこにある教えとお薬師様を祀らせていただいた発心を和慧住職が語られました。

ここに書き記すにはあまりにも深く、表現も未熟なため控えますが、お伝えできるとしたら、人として生まれる事がいかに希なことか。
そしてこの命は多くの命を頂戴し支えられている、その命を含めて人として生き、生かされていること。
多くの命のなかで人だけが仏法を聞く事ができる。だからこそ生ききり、生まれた使命を果たす、尊い存在であること。
和慧住職の伝えたい熱い想いがひしひしと伝わる両日でした。

お話後の本日はご遠方から野菜スープを、そしてお一方はお赤飯を御接待してくださいました。
頂戴しながら、涙、鼻水のしずくが・・

なぜって?和慧住職のご幼少のころのいたずらがあまりに面白く、可愛くて・・爆笑(失礼ながら)
いろいろなしずくがおちた、お花まつりでした。

まもなく改元とあわせ大型連休がまいります。仏法に触れるご縁を結ばれてはいかがでしょう。



なるほど!!  投稿者: 役員 投稿日:2019/04/04(Thu) 15:11 No.1141



3月28日不動会護摩供、お勤め前の和慧住職のお話。

高校生から「住職のまわりには、どんな方がいらっしゃいますか。
ほうれんそうですか?チンゲンサイですか?こまつなですか?」と
尋ねられたそうです。

「何だと思います?」と私達に問いかけられました。
ほうれんそうは、事を進めていくときに必要とされる言葉が含まれているのはよく耳にすることですが、チンゲンサイ?こまつな?
聞いた事がありませんでした。

チンゲンサイはね、意見を出さず黙りこくる人、(沈、言・・でしょうか)
こまつなは、困ったら投げ出す人。(こまったらなげだす。そのまま)
ほうれんそうは、報告、連絡、相談ができる人。

仕事をするにはチンゲンサイやこまつなは、力を合わすことができず、
事が進まない。ずるさは力を削ぐ。これはしんどいですね。

新年度が始まり、新しい風や変化が生じる時節。
自分を見つめ直す、よい時です。





Re: なるほど!!   和慧 - 2019/04/04(Thu) 15:15 No.1142

そうそう、菊菜というのもあって、他人の話を聞かないということらしいです。

若い人たちの表現もなかなか、されどどの野菜に罪はなし。





Re: なるほど!!   役員2 - 2019/04/04(Thu) 15:35 No.1144

違う職についている方とお話しすると、いろんな話題があります。
あった、あった!そう言えば「ちくわ耳」

聞いているふりをして聞いていないことを「ちくわ耳」って
いうそうな・・
聞いているふりをしているわけだから、後で聞くと
「聞いてませんでした」と、臆面もなく・・・はぁ〜。



お花まつり  投稿者: 寺内 投稿日:2019/04/03(Wed) 16:03 No.1139



花冷えの昨日、今日。桜もお披露目を一休み、その美しい姿を長く見られそうです。
寺標前の芝桜が満開、芳しい香りがします。

さて4月8日はお釈迦様のお誕生日、生まれてすぐに7歩進み「天上天下唯我独尊」と仰ったと伝わっています。

真理に気づき悟りを得たお釈迦様、後に仏教としてアジアを中心に日本にも伝わっています。
クリスマスイブはキリスト教に由来しますが、仏教徒であればお釈迦様のお誕生日をお祝いをさせていただくご縁のありがたさを感じます。

今までは和慧住職がこの大切な日に長くお一人でお祝いをされていましたが、より多くの方と佳き日を過ごせることを願い、御案内の運びとなりました。

ご遠方でもお花、灯福(お灯明)のお供え、お申し出承ります。どうぞお申し付けくださいませ。

そして昨年のこの佳き日に瑠璃光院落慶法要を修め、薬師如来を開眼、奉安させていただいてから一年を迎えます。お目出度きことこの上なし。
ご遠方の方々より、お仏供袋(浄財)、お供物が届いています。また今日は遠く栃木の方からお米のお供えが届きました。お気持ち確かに承りお供えさせていただきます。

あと数日で、お釈迦様のお誕生日を祝うお花まつりとお薬師様へ報恩謝徳のお参りをさせていただこうと思います。
ご遠方の有縁方々の想いとともに!





Re: お花まつり   座敷オヤジ - 2019/04/04(Thu) 12:31 No.1140

こんにちは。遅ればせながらお花まつりのお花を振り込みにて申し込みさせていただきます。
素敵な御縁日になりますように(^0^)





Re: お花まつり   寺内 - 2019/04/04(Thu) 15:31 No.1143

座敷オヤジさん、承ります。
皆さんとは初めてのお花まつり。
御薬師様との深いご縁もあり、有り難く楽しみです。
住職はといえば、お花まつり準備に満面の笑顔で
なさっておられますよ。



新元号  投稿者: 役員 投稿日:2019/04/01(Mon) 23:08 No.1138

4月1日、新元号が「令和」(れいわ)がお披露目されました。
昭和から平成に元号が変わった時、昭和天皇の崩御によるものでしたがこの度は退位されてのこと。
昭和までは勅定だったのが、法律が変わり政府が元号を決めることに。
平成となり、そしてこの度の令和。

馴染んだ昭和から平成に少しばかり淋しさととまどいを感じたのは、もはや31年前。
いよいよ5月1日からは令和元年です。
あらたな日本丸の船出準備です。



インドの・・・  投稿者: 役員 投稿日:2019/03/31(Sun) 21:49 No.1137


和慧さんの縁側ブログで目にしたワイヤー状のもの。手に取って見せてもらいました。あら、不思議!いろんな形に変わります。お釈迦様の誕生の地、インドの玩具だそうです。
作ってみたいとの声が上がり、講師 和慧住職より教えて頂けるお時間を頂戴しました。是非この機会に、あれこれ使えそうな不思議な玩具を作ってみませんか。参加ご希望の方はお寺までご連絡下さい。

日時:5月4日午前10時より (2時間程度)
参加費:5000円(材料費込)
持ち物:ラジオペンチ(無ければ申し出下さい)

山中ゆえ、昼食・飲み物をご持参下さいませ。



雨音  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/30(Sat) 16:31 No.1136



降り出した雨。静かなお寺にただ雨音だけが聞こえてきます。
少し肌寒さを感じる今日です。皆さんのところはどんなお天気でしょう。
北から南まで移ろう季節が異なり、日本は狭いけれど広く遠いお互いの地。
そこそこで表情が違う空。だけど繋がっている。

さてお寺は町より少し高い場所なので桜は二分から三分咲き。
早いところでは七分咲きや満開の桜も見られます。
桜咲く中、新入学、入社式。なにか心が忙しいですね。
新元号の発表も目前。

寒暖差が一層激しく体調を崩しやすい頃、そして自然のパワーに圧倒されない様、旬のものを頂戴し心身を整えてまいりましょう。



春陽  投稿者: 寺内 投稿日:2019/03/27(Wed) 12:58 No.1135


うっすら霞がかかった様な春の空。
寺標前の芝桜が咲き始めました。境内地を散策すると、椿、水仙、桃、アーモンドの花が真っ盛り。季節が混在しています。

そして遠く山の彼方から「ホーホケキョ」春告鳥、うぐいすの鳴き声が聞こえます。
秋から冬はチャッチャと鳴くそうで、早春にホーホケキョと鳴くことから春告鳥。
お寺では蝉が鳴く頃にもその鳴き声を耳にします。
ただ近くで聞こえていても姿を目にした事はないけれど、季節や自然を味わっています。

明日は不動会護摩供、物事の変化の多い時期、季節の変わり目でもありちよっと疲れた心と体を休めに御参拝お待ちしています。



活気  投稿者: 事務方 投稿日:2019/03/26(Tue) 14:43 No.1133



今日は午前中、所用をすませるため平日の街中を行ったり来たりしてきました。
春休みや陽気のせいもあり、活気づいています。

お寺に戻るとほんとに、ほんとに「ホッ!!」
雨が降っても風が吹いても暑くても寒くても、お寺はいいです。

こちらは寺標、厄受け地蔵様石堂、龍口、約束の蓮台とお寺とご縁の深い岡崎の田村石材さんがお彼岸法要に御参拝された際に納めて下さった「鳥」
石なんですが表情が愛らしく、カメラ目線しています。





Re: 活気   和慧 - 2019/03/26(Tue) 20:18 No.1134

匠が展示会で出された作品と伺いました。

黒い目はオニキス、魔除けになるとされる石のひとつですね。

田村さんの作品は優しく、手にすると暖かさが伝わります。

動物のうてなのテラ、ニャンコさん、鳥、フクロウや龍口も田村さんが丹精を込めてくださいました。

おもかる石へ手を添えたとき、スッと心が馴染み田村さんのお人柄を感じさせていただきました。

しあわせの小鳥さん、テラ地蔵さんのそばへ置かせていただきます、遠慮なく撫でてください、小鳥を両手で包んでみてくださいね。

お写経の際、用紙抑えとしてご使用していただいてもかまいません。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -