[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


new 降る  投稿者: 寺内 投稿日:2019/04/22(Mon) 15:09 No.1161



予報では関東から西は25度前後。こちらは暑く時折吹く風に清涼感を味わっています。

花々が咲き乱れ、木々の生育も著しい毎日、鳥がさえずり、青い空。
なんて素晴らしい時節なんでしょう。

なのに、降るってなに?とお思いでしょう、それは、朝、お花に水をあげ本堂前ステンレスの蝋燭台屋根と手すりを水で流したのだけれど・・
わかります?うっすら黄色くなっているのが。

降っているんです、花粉が・・生きるため、子孫を残すため。
凄いですよね。草木の息吹。このパワーに負けてはと思いつつも、手強いです。
鼻に目がグシュグシュ、そしてこれからはカメムシが飛び交う時節。

早々に室内に戻りました。
ところによってはインフルエンザ罹患が再燃しているようです。お気をつけて。



new 満開  投稿者: 役員 投稿日:2019/04/21(Sun) 20:13 No.1160



本堂前辺りにある木が白い花をつけ満開です。新緑に囲まれてひときわ目立つ。
さて、何の木?なんじゃもんじゃの木かしらと思って調べてみるとどうやら違うよう。なんじゃもんじゃは、ヒトツバタゴの木のこと。
面白い別名ですね。それはさておきどうやら、「アオダモ」という木らしく引退を表明したイチローさんがバットで使っている木だそうです。
粘り、耐久性があり木目もきれいなので家具としても人気が高いそうです。
写真から調べるとたぶん、たぶん「マルバアオダモ」(モクセイ科)

お寺の周りは自然がいっぱい!心と目を楽しませてくれています。

昨日のマントラでみる姓名・・面白かったですね。
マントラは多面で立体的なので何が知りたいのかによって読み取る手段が豊富。
姓名判断ではなく人と人とのつながり、あるいは個性や使命までを姓名で読み取ることが出来る、それが凄いですね。
内容は表現できないのでご容赦を。

今日は御大師様ご縁日のお勤めがありました。
静かに時は流れています。
遠近関わらず、いつも和慧住職、秀和阿闍梨さんは有縁方々を想い、案じ、心丈夫とご健勝を念じておられます。
皆様方、どうぞお身体大切に。



new マントラ  投稿者: 役員そして尸羅会員 投稿日:2019/04/19(Fri) 16:29 No.1159



明日は和慧住職によるマントラで見る姓名・・

トライアングルセルで読み解く内面、その時に姓名についてマントラ2で書かれていました。
明日は一層、わかりやすく「姓名」から読み解く何かがあるようで、すごく楽しみです。
学生の頃は嫌だった勉強ですが、記憶力、理解力の低下を越える学べる喜びを感じる年頃です。
頭の中がお花畑のように一杯になるかしら〜

御住職、よろしくお願いします。



new おまつり  投稿者: 寺内 投稿日:2019/04/18(Thu) 13:08 No.1158


目に青葉、巷は何かとにぎやかですが、お寺はやっぱり非日常。
ゆったりと時が流れていきます。

この時期、各地で”おまつり”があります。
春夏秋冬、時節時節におまつりにはは願い・感謝を神仏に捧げるという篤信が根底にあり、古来より伝わっています。

だからこそ、大変でも何があっても、ただ真摯に物心を投じ、調えていくんですね。

春のおまつりは除災厄、あるいは豊作を願うまつりといわれます。
花々が咲き誇り、木々はいよいよ勢いを増し、活気づいています。
さて皆さん方のところのおまつりはいつでしょうか。

自然の息吹の中、賑やかに景気づけしおまつりを楽しんでくださいね。



new 一番のり  投稿者: 寺内 投稿日:2019/04/16(Tue) 14:38 No.1156



瑠璃光院傍の蓮、兵庫県の浄土寺さんにいただいた蓮。
水面に芽が伸びています。一番乗りです。

亡き息子さんを想い、大好きだった御不動様、お寺にご両親が植えてくださった紫蘭が咲きました。一番好きだったのがスズランのようなお花のなるこ蘭。
それもお寺のどこかで顔を出し始めそうです。

山中の道を上がってくると、寺標が目に飛び込んできます。
青空、寺標、花々。美しいではありませんか!?





new Re: 一番のり   役員 - 2019/04/18(Thu) 00:42 No.1157

2ヶ月の時が経ち、蓮鉢の一つから芽が出てきました。植え替えにご協力、応援下さった皆さん、その節はありがとうございました。これから次々と芽が出てくれるのを心待ちにしております。



聞思修(もんししゅう)  投稿者: 寺内 投稿日:2019/04/15(Mon) 11:52 No.1154



朝から動物さん約束の蓮台、ひょうたん池傍のワンちゃんの辺りから
カエルの声が聞こえています。
姿を探しても見当たりませんが・・

昨日、「仏遺教経」を読む会ご参加の方々、お疲れ様でした。
このご縁にあずかり、有り難く楽しい一時でした。

お釈迦様が最期を迎える直前に傍に集まった僧たちに説かれたお経。
このお経の名を読み解くだけでも数日ほどの時が必要とか。

10時から15時までの限られた時間でしたが、その中で随所で語られたのが仏教語などを覚えても何の意味もなく、その教えをきちんと聞き、聞いたら、考え、実践すること、聞思修が大切である。
そしてわからないことがあれば、そのままにせず問うこと。
尋ねれば答えてくださる阿闍梨さん、そこからまた広がり、もっと聞きたくなります。

最後に語られたのが参加されたお一人お一人の琴線に触れる事柄があれば何よりということでした。

この度ご縁にあずかり、有り難く楽しい一時でした。
次回のご予定は?の問いにお答えいただけませんでしたが、心待ちにしています。



仏遺教経    投稿者: 役員 投稿日:2019/04/13(Sat) 14:47 No.1151



見渡す限り青空の本日です。

さて明日は秀和阿闍梨が教えてくださる「仏遺教経を読む会」
午前10時から午後3時まで
御釈迦様が最後にお弟子さんに説かれたお経。

心が躍ります。知らないことを教えていただけるご縁に感謝。

ご参加承っている方々、関東から関西からどうぞ道中お気をつけて。
お飲物、昼食をご持参くださいませ。





Re: 仏遺教経     和慧 - 2019/04/13(Sat) 15:17 No.1152


明日参加される前にと泊まり込み草引きと、お地蔵さん、階段手すりや蝋燭台の拭き掃除、ウテナの石もそっとゴシゴシありがとうございます。

真っ白な雑巾が花粉で黄色くなるも「やりがいがあります!!」、笑顔が青空に映えています。

ピザの差し入れまで頂戴しました。

明日はみなさんと机を並べて...嬉しいなぁ。





Re: 仏遺教経     役員 - 2019/04/15(Mon) 08:53 No.1153

徳積、ご苦労様でした
そしてありがとうございます。



あぁ、悩ましい〜    投稿者: 事務方 投稿日:2019/04/12(Fri) 15:07 No.1149



これを進めればあれが気にかかる。いくつも事が重なる時期。

表に出れば信徒さんからいただいたカサブランカが今年も芽が出てきました。
そして蓮鉢の蓮も水面から芽が顔を出し始めました。

そしてそして、草花もあちらこちらでぐんぐん成長。気になるので取り始めるけど・・・
そうだ!あの準備と電話連絡をしなければ・・と部屋に戻る。

何とも悩ましい。心はいくつも抱えながらも身はひとつ。
お寺は諸仏を安置させていただき皆様が御参拝に御御足を運ばれる処。
だから、美しく整えたいと思うけれど。

見上げた空に桜が美しい。





Re: あぁ、悩ましい〜     和慧 - 2019/04/12(Fri) 18:43 No.1150

この季節、分身の術が使えたらと思いますね。

桜の木のしたでゴザを広げ...一度はしてみたいです。

来年こそは!!



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto : Edit by Binzuru -